パスワードを忘れた方はこちら≫

お友達を紹介し、登録してもらうと、ポイント3,000円分進呈!
華の会メールが週刊ポストに掲載されました!
ポイントの購入
クレジット・コンビニ決済
ご利用可能なサービス
コンビニ決済 取り扱い店舗
コンビニ決済(BitCashEX/C-CHECK)取り扱い店舗
楽天ID決済
楽天ID決済
セキュリティ・認証シール
グリーンライセンス
グリーンライセンス このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。
30歳未満の方のご利用はご遠慮願います。
お住まいの地域の掲示板お試し検索
【会員数】163983人(男性4521人/女性1469人ログイン中)
性別
エリア
勇気をもって一歩を踏み出し、もう一度青春を…
「自分はもう若くないから…。」そんな風に思っていませんか?
恋愛・結婚・再婚を考えるのに、年齢は関係ありません!
晩婚社会と言われる今、30代後半〜70代で出会いを求めている方は驚くほどたくさんいるのです。
新しい出会いから、豊かでときめく人生をもう一度はじめてみませんか?
登録は無料!今すぐご利用できます!

男性は30歳から75歳まで、女性は25歳から75歳までが対象!年齢限定型コミュニティだから、同年代のお相手が見つかります。

  • 男性の無料登録はこちら
  • 女性の無料登録はこちら
登録できない!という時は…
華の会メール専用宣伝トラック、各地を走行中!
「華の会メール」ビルボード広告:大々的に宣伝!
華の会メールへのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:0120-00-5599
メールでのお問い合わせ:info@hana-mail.jp
  • 男性の新規登録はこちら【無料登録:今なら150ポイントプレゼント】
  • 女性の新規登録はこちら【無料登録:女性は無料でご利用頂けます】
女性誌に多数掲載! ティッシュ配布中! ユーザー層調査
携帯版サイトのご案内

華の会メールのURLを送信します。
@前のアドレスを入力して下さい。
メールが届かない場合は『ドメイン指定受信』ページをご確認頂いて、「hana-mail.jp」からのメールが届くように設定して下さい。


右記QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスができます。

華の会メール:出会い体験談

ご利用者様から寄せられた成功談をご紹介します!

インターネットを利用した婚活
宮城県40代の女性
婚活をするなら、出会いコミュニティサイトを利用しましょう。
私も過去に婚活をしていた頃に、華の会メールの会員になりました。
お恥ずかしながら、実はそれ以前にそれなりの恋愛もしました。
しかし、恋愛と結婚は別物だったのですよね。
うまくゴールすることもできずにあっという間にアラサーになり、アラフォーに手が届きそうな頃になってようやく重い腰を上げて婚活に目覚めた、といった経緯がありました。
なぜ出会いコミュニティサイトに登録した方がいいかというと、結婚相談所などだと会費などの費用がかかり出会うことよりもお金の心配が・・・
インターネットでも様々な出会いコミュニティサイトがあるので、評判などをみて自分にあうサイトを見つけてくださいね。
実際に登録して正解だったと思ったのは、検索などで自分の好みの男性を自由に探すことが出来るからでした。
こうした出会いコミュニティサイトの利点としてプロフィールは完全にクリアしているけれど、実際にお会いしてみてなんとなく違和感があるといったことがあれば、お断りのメールを送るとOKです。
何分人間同士が出会いを求めるのですから、なんとなくフィーリングが合わないと思ったら無理せず次の出会いに進むようにするといいでしょう。
実際に私自身がこういった貴重な体験を経て、今では素敵な旦那様と一緒に過ごしています。
是非、積極的な行動を起こしましょう。
結婚を目指して出会いコミュニティへ
北海道30代の女性
これまで結婚に関しては消極的なほうだったのですが、一念発起して、2年以内に結婚するという目標を立てました。
なぜかというと、私はそろそろ30代半ばという年齢なので、今の時期を逃したら、子どもを授かることが難しくなるからです。
両親からも「早く孫の顔が見たい」と言われ続けていますし、私自身も子どもが大好きなので、どうしても早めに結婚をしたいと思っています。
そこで、まず私が利用したのは、有名な出会いコミュニティの華の会メールです。
一人で婚活をするとなると何から手を付けていいのか分からなくなるので、こういったサービスを利用するのが、一番の早道だと思ったからです。
女性は、入会費や利用料金が無料で、サービス内容が充実しているところに魅力を感じました。
電話で問合せをした時に、話を聞いてくれたスタッフがとても感じが良かったというのも決め手の一つでした。
この華の会メールは、もう半年ほど利用しているのですが、とにかくサービスがしっかりしているところが気に入っています。
私の現在の仕事の状況や、性格・趣味などを丁寧にプロフィールに記載をしているので、メールしてくれるお相手もハズレがほとんどありません。
3回目にお会いした男性は、価値観やライフスタイルがピッタリだったので、現在、結婚を前提にお付き合いをしているところです。
お付き合いをしていくなかで、不安に思うことがあった場合も、スタッフに気軽に相談できるのがいいですね。
婚活をするならば、やっぱり出会いコミュニティサイトを利用するのが一番だと実感しています。
出会いコミュニティのススメ
愛知県 30代の男性
私が婚活を始めたのは20代後半でした。
友人が30を目前にして、次々に結婚しているので私もそろそろと焦り始めていました。
20代までは合コンの機会にも恵まれていたのですが、30代に突入すると合コンの回数も少なくなって、なかなか出会いにも恵まれなかったため、婚活を本格的に行うために友人が登録している華の会メールへ登録してみることにしました。
最初は出会いコミュニティサイトで顔を合わせたこともない人とのメールなどは苦手で戸惑いもありましたが、2回、3回とメールの回数を重ねるとだんだん慣れてきました。
気になる人へ積極的にメールなどでコミュニケーションをとるようになりました。
華の会メールで3名の女性とお会いし、3人目の女性と出会ったすぐに意気投合し、1か月後付き合うことになりました。
出会いコミュニティサイトと聞くとなんとなく避けられる方も多いかもしれませんが、私はたくさんの方と出会える機会と作ってもらえ素敵な場を提供頂きました。
タイプがさまざまで本気で結婚を前提にしている人を見つけたい方や、とりあえず恋人が欲しい方などいらっしゃるようです。
積極的に、そして自発的に婚活を続けたことが良い結果を生んだのではないかなと思います。
結婚に興味がないのに婚活をしてみたら
京都府 50代の女性
恋愛とは無縁で生きてきたため、正直なところ結婚に対する興味も一切ありませんでした。
ところが、華の会メールに登録している友達の話が興味深く、「こんな私のことを理解してくれる人を探してみよう」とゲーム感覚で登録しました。
年齢は50歳を過ぎていましたので、正直に言って婚活が大変な活動になることは覚悟していました。
しかし、私にはこれといったタイプもなく、希望の年齢も年収も特になかったことから、あらゆる世代の男性からお申し込みをいただけました。
「物好きな人もいるものだな」と心のなかでは思いつつ、約3カ月の間に10数名の方とお会いしました。
変わり者だと思われたのか、お断りされる確率は高かったです。
それでも、失恋の経験すらない私には、断られたことで落ち込むようなことがありませんでした。
最低でも1年間は婚活を続けてみようと思っていたので、5ヶ月目に運命のお相手と巡り合ったのは奇跡かもしれません。
彼は決して変わっている人ではありませんが、私になんでも興味を示してくれる優しい人です。
男性に私の理屈っぽい話を聞き入ってもらえることは一度もなかったので、次第に「この人となら生活ができるかもしれない」と思うようになりました。
もちろん、彼の心の広さにほれ込んでいたのは言うまでもありません。
出会ってからたった2ヶ月でプロポーズをしていただき、親も諦めていた結婚を51歳で実現しました。
もし、このサイトに登録していなかったら、私は誰かと一緒に暮らす楽しさを知らずにどんどん意固地な性格になっていたかもしれません。
メールアドレスの送り方を変えたら連絡が来るようになりました
和歌山県 40代の男性
出会いコミュニティサイトでメールアドレスを渡すと、いつ連絡をくれるだろうかと待ち遠しいですね。
でもなかなか連絡がこないと、なにかいけなかっただろうかと逆に気になってきませんか。
このサイトを始めた頃は、とにかくいろんな人に私の事を知ってもらおうと躍起で、ちょっと話が合ったり好みだと思った女性にメールアドレスを送っていました。
成果のほうは芳しくなく、自分はそんなに魅力がないのかと落ち込んだ時期もあったぐらいです。
でもその事を友人に相談すると返ってきたのが、「メルアドを送るタイミングを工夫してみたら?」とのことでした。
確かに出会いに必死になっていて、すぐにメールアドレスを送っていましたが、相手の人からすれば、「何も知らない人に何てメールしよう」と思って連絡をためらう事があるようです。
アピールも度を超せば、焦っているように見えて、女性が引く原因の一つになると言われました。
そこで次から工夫したのが、メルアドを渡す相手を絞り込むことと渡すタイミングです。
まず好みの女性が複数いても、同時に二人以上の人にメルアドを教えない事にしました。
そして、相手の方としっかりコミュニケーションを取った上でメルアドを渡すようにしたのです。
そうすると思っていた以上に連絡が来るようになりました。
後で連絡をもらって食事をすることになった時に、「心に余裕がある男性だと感じたから」と言われたので、メルアドを渡しても連絡が来ない人は実践してみてください。
勇気を出して婚活を行ったら素敵なパートナーに出会えました。
佐賀県30代の女性
30歳を過ぎ私はこのまま一生独身なのかもしれないと大きな悩みを抱えていました。
周りの友人たちもみんな結婚し子供がいて幸せそうなのに、私は恋人もいない寂しい毎日でした。
30歳を過ぎると出会いも少なくなりますし、合コンなどの出会いの場所に行っても周りのメンバーは若い子ばかりなので一人浮いているような存在でした。
こんな寂しい毎日から解放されたいと思い、勇気をだして婚活にチャレンジしてみました。
今はネットでも婚活サイトがありますが入会金などの費用もかかるしちゃんとした男性との出会いを求めていたので評判の良い出会いコミュニティサイトに登録してみました。
最初は自分の好みのパートナーを探すために様々な検索をかけ、あっというまに時間だけが過ぎていました(笑)
男性の希望のスタイルから職業、年齢、趣味など事細かく・・・
私の希望は経済的に安定しており穏やかな人が希望だったのですが、30歳を過ぎた私がこんなわがままな希望を出して大丈夫なのかと心配していました。
しかし、数名の男性とメールを開始し自分に合わないと思ったらお断りすることも出来るのでじっくりとパートナーを探すことができました。
あれから1年が過ぎましたが、現在素敵なパートナーと出会うことができ幸せな毎日を送っています。
近いうちに結婚できたらいいねなんて話も出ているので、私も幸せな結婚が出来ることを期待しています。
勇気を出してここへ登録してよかったと心から思います。
華の会メールに登録してみた
宮城県 40代の男性
私の職場は男性だけなので、女性と話す機会がほとんどありません。
しかも、毎日職場と自宅の往復だけだったので異性との出会いがまったくないのです。
もっと自分から積極的に出会いの場へ出向いて、行動していかないといつまでたっても結婚できないと思ったので、私は勇気を出して華の会メールへ参加してみることにしました。
このサイトは登録も無料だったので、まずは試しにという軽い気持ちで利用してみました。
いざ利用してみると、意外と大勢の方が参加していたことに驚いてしまいました。
利用者は、男性も女性も30、40、50代が沢山いましたね。
最初はプロフィールを交換しながらたくさんの女性とメールして、気の合いそうな方を絞っていきました。
せっかく異性と出会えるチャンスだと思ったので、複数の方に声をかけてみましたね。
盛り上がってメールが弾んだ方もいましたし、一回メールして終了してしまう方もいました。
いろいろなタイプの女性がいるんだなと、勉強になりましたね。
知り合ってメールが弾んだ方とは連絡先を交換することができたので、後日お会いしてお茶をしてきました。
これから、その方と結婚を前提にした交際につなげていけたらいいなと思っています。
出会いコミュニティサイトで頑張って婚活してみた結果
鹿児島県40代の女性
たまたま雑誌でみかけた華の会メールに出会い、婚活をはじめました。
最初はどのように相手を探せばいいのかかわからず、闇雲に出会いを求めていた傾向がありました。
そのため素敵な男性と出会えるはずもなく、時間だけが過ぎていました。
このままでは時間の無駄遣いだと気付き、きちんとプロフィールや掲示板へ「婚活をする理由」というものを明確に書き込みました。
なぜ結婚したいのか、自分の考えが定まっていると、相手に求めるものも自然と決まってきます。
それまではとにかく「素敵な男性」という漠然とした相手を求めていたので、男性と出会いがあってもその人が理想なのかどうかも、はっきりわかっていませんでした。
私が結婚したい理由は、将来年をとっても家族みんなで一緒に楽しく暮らしていきたい、という理由でした。
そのため相手への条件は私の家族のことも大切にできる人、というものだと掲示板に書き込みました。
きちんと自分を伝えられそうな内容を考えて、お返事を待っていたのです。
自分の正直な考えや思った事を伝えていくと、自然とうまくいくようになっていったのです。
そのおかげで、今私は結婚を前提におつきあいさせてもらっている男性がいます。
この出会いを大切にしたいです。
同じ趣味の女性と出会えました
熊本県 30代の男性
会社での出会いがまったくなく、このままでは結婚できないかもしれないと、焦り始めた僕は婚活をすることにしました。
まず僕がやったのは、すぐに実行できると思い、出会いコミュニティに登録してみることでした。
調べると沢山のサイトがありましたが、評判の良さそうな華の会メールに登録。
登録手順も難しくなく、数分で完了したと思います。
そして考えたのが、やはり第一印象というものは大切で、最初に好印象にならなければ次へと進めません。
僕はオシャレに疎かったので、会社の後輩とそのお嫁さんに事情を説明し協力してもらいました。
若い子のセンスは素晴らしいもので、店員さんと一緒になって似合うものをチョイスしてくれましたよ。
最初に僕が「若すぎず、年寄りすぎない感じで」と言ったのですが、本当にその通りの格好になりました。
購入したのはスラックスと、ポロシャツとベストとジャケットです。
かしこまりすぎず、ラフすぎずという感じですね。
女性店員さんのセンスがよかったのか、後輩のお嫁さんのセンスがよかったのか。
そのときの写真を早速プロフィールへ登録しました。
さて、次は気になる女性へメールしてみよう!と考えていた矢先、その女性から「そのお洋服、素敵ですね」と連絡が着たのです。
心が跳ねるような感動は今でも忘れられません。
そしてなんと同じ趣味を持っていることもわかりました。
相性がいいと初対面でも会話が弾むもので、気まずくなることのなく、2週間後にお会いしました。
当然のことながら、次に会う約束もしましたよ。
登録してよかったと思います。
婚活をするのなら出会いコミュニティサイトを利用しよう!
和歌山県30代の女性
同性の友人の職場は、異性が全く居ない会社です。
私自身は異性と接する機会が少なからずあるのですが、その友人のために、一緒に婚活することに決めました。
その時に役立ったのは、出会いコミュニティサイトです。
手軽に利用できますし、何よりも出会いの場を簡単に見つけることが出来ることが気に入りました。
最初は乗り気ではなかった私も、出会いコミュニティサイトに登録してみたところ、希望条件に合いそうな人が割と多かったので、だんだん楽しくなってきました。
そして、友人と一緒に、色々な男性を探していました(笑)
友人と一緒という点だけでも心強かったです。
いざ会ってみると同じ目的だからこそ、気楽に話ができました。
変に駆け引きをするようなこともなく、素直に話ができて良かったです。
友人はいい人を見つけたらしく、その後も何度かデートをし、現在はとてもいい感じになってきているそうです。
私自身は、何人かの男性と会いましたがこれといった人が見つからなかったので保留している状態ですが、それでも、婚活が楽しくなってきたこともあり、今のところ退会する気持ちはありません。
運が良ければ、希望に合うような人を見つけたいと思っているところです。
異性との交流を図ることができるというだけでも、今の時代、貴重だと思いました。
友達の紹介で登録しました
埼玉県 50代の女性
45歳を過ぎてから、7年間付き合ってきた恋人と別れてしまいました。
その彼と結婚するものだと信じ込んでいた私にとってはとてもショックな出来事でしたが、落ち込んでいても仕方がないからと友人が華の会メールに誘ってくれたのです。
結婚相談所とかお見合いというと、気が進まなかったかもしれません。
いつでも気軽に退会できると言う事と、大手出会いコミュニティサイトという安心感から、特に身構えることなく登録する事が出来ました。
実際にオフ会にも参加し、男女5人ずつのちょっとした飲み会といった感じでした。
想像していたよりも終始和やかに楽しい雰囲気でした。
お勤め先や年齢、家族構成といった、気になるけど直接聞きにくい様な事をあらかじめ幹事の方が紹介してくれたのも助かりました。
出席していた男性の方とは全員と話をする時間を持つ事が出来ましたが、後半は最初に座った時に向かいの席だった男性とずっと話をしました。
明るくて優しい雰囲気の方だったので話しやすく、自分でも驚くほどリラックスできていたように思います。
最終的に、その男性と連絡先の交換をしました。
その彼とは何度かお食事をしたものの、お付き合いには至りませんでした。
ですが、この事がきっかけで、私なりに積極的にこのような出会いの場に足を運べるようになりました。
同じ趣味を持った人が集まる席や、大人数が集まるパーティーなど、婚活の場も多様化しているので、積極的にチャンスをつかみに行きたいと思っています。
婚活に大事なこと、それは自己分析です。
栃木県40代の男性
私は仕事が大好きです。
だから特に女性と付き合うこともなく過ごしてきたのですが、気がつけばまわりは皆、結婚しています。
このままでは駄目なのではないかと思い、婚活を開始しました。
まず私が頼りにしたのは、華の会メールです。
口コミサイトなどを参考にし専任のスタッフさんが丁寧に対応してくれました。
丁寧にサポートしてくれるので活動しやすいと思いました。
私の担当してくれた方は、爽やかな感じの女性です。
どんな感じの女性が好みか、相手へ求める条件とか、すべて話しまたよ。
掲示板検索方法・プロフィール検索方法を丁寧に教えて頂き、
その通りにサイトを見ていたら思っていたよりも早く気になる女性が居たので早速メールを送ってみました。
いきなりのメールでしたが、思っていたよりも返事が早くきたことに驚きました。
話が盛り上がり10通ほどのメールで実際に会う約束を取り付けました。
実際に会って顔を見て、休日の過ごし方や、好きな映画や音楽はもちろんのこと、どんな結婚生活をしたいかのビジョンなどの話もしました。
今でも仕事も好きですが、彼女と過ごしている時間も同じくらい大事だと思えます。
まだ出会ったばかりだけど、これからの人生を前向きに考えることが出来そうです。
ちなみに今はその女性とお付き合いしています。
新しい世界へ一歩踏み出そう
福岡県30代の女性
将来、結婚を考えていても今の職場では、なかなかいい出会いに巡り合うことはありませんでした。
運命の出会いを経験された人もいますが、全員が素敵な体験できることはないはずなので、新しい世界へ一歩踏み出すことが大事だと感じていました。
その為、ここで婚活を始めようと決意し、登録しました。
私は今まで消極的な性格だったので、恋愛をしたいと考えていても、なかなか積極的に行動を移していくことができませんでした。
ですが、出会いコミュニティサイトではメールでやりとりを始めることができる為、緊張せずにやりとりでき、行動にも変化が現れているのを実感することできました。
積極的に行動できるようになると、実生活の中でも自分磨きにも力を入れることができるようになりました。
仲良くなった男性と出かけたり、数名の男性とのコミュニケーションを取っていくうちに、会ったときにも会話が自然と取れるようになっていました。
新しい世界へ一歩踏み出すことで私の人生は180度変化しました。
素敵な方を見つけることができ、華の会メールに出会い本当に良かったと思っています。
モテない私が幸せを掴んだ方法
愛媛県 40代の女性
今、幸せな結婚をし専業主婦をしています。
どうやってこの幸せをつかんだと思いますか。
実をいうと私は決してきれいなタイプではなくスタイルが良いわけではありません。
ですから男性にモテた経験もないんです。
私が男性と付き合うためには婚活サイトしか出会いはないと思っていました。
こういったサイトを利用するのは抵抗がある方も多いかもしれませんが、私は信頼のできる評判の高い婚活サイトをたくさん事前にチェックしました。
もちろんサイトにも直接問い合わせをし自分で確認したうえで入会を決めました。
華の会メールでは真剣にパートナーを探している男性が多く、出会いも期待できると確信しました。
出会いを確実な物に出来るようにスタッフの丁寧な対応にも信頼度が増しました。
こんなモテない私でもすぐに素敵なパートナーと出会うことができました。
私のように自分の容姿やスタイルに自信がなく恋愛や結婚を諦めてしまう方もいらっしゃると思います。
でも、今は自分で勇気を出して婚活を行うことで誠実でやさしい男性と出会うことは可能だと思います。
私も諦めずに行動したことで幸せをつかむことができました。
今は素敵な旦那様と毎日が楽しいです。
婚活は穏やかに良い人間関係から生まれる
埼玉県30代の女性
華の会メールで婚活をしてみて、最終的には人との良好な関係から、良い縁が生まれるのだな、という経験をしました。
以前は出会いを求めてパーティーにも参加しましたし、飲み会に誘われれば必ずと言っていいほど100%の参加率です。
平日は仕事もありますが、結婚への思いは強かったため、誘いがあれば休みなしで飲み会に参加したこともあります。
若さに任せて走っていた部分もありますが、ハードスケジュールになってくると、お肌のケアが間に合わなくなったり、容姿にも響いてくるのです。
気付きながらも、ケアより合コンの参加を優先したり、今考えても無理していました。
少しいいかな、と思った相手がいても、もっといい人がいるかもしれない、なんて欲張りな思いもでてきたりして、なかなか進みません。
ある日両親に、改めて馴れ初めを聞いてみたのです。
両親は親同士が決めたお見合いで、あまり考える余裕もなく結婚しています。
両親はお互いを尊重し合い、尊敬し合う素敵な夫婦関係を築き上げているのです。
両親ともに、お見合いではあったけれど、お互いに好印象を持ったそうです。
自分にとって祖父、祖母にあたる両親を、とても尊敬していたといいます。
自分の婚活を冷静に客観視してみて、大切なことが掛けてることに気がつきました。
ガツガツ合コンに出ても、出ているオーラが強烈過ぎます。
そこで、毎週出ていた合コンもやめて、まったり婚活できる華の会メールを始めました。
趣味が同じでいつも人に優しい年下の男性に出会い、尊敬するようになりました。
結果、その男性とご縁を頂いたのです。
テーマを決めたアクティビティーの中で相手を見つける
神奈川県 40代の女性
特に焦っていたわけでもないのですが、できれば真剣に交際できる彼氏が欲しい、と思っていた私は、とにかく婚活をしまくりました。
合コンはもとより、友達の紹介でブラインドデートをしてみたり、お見合いパーティに参加し続けたのです。
といっても、毎月開かれるような、お見合いパーティーに参加していただけで、結局は女子同士で固まってしまったり、食べるだけで終わってしまう、という有様でした。
時には「あら?この人この前も来ていた人?」
と思わしき男性と何度か遭遇してしまい、気まずく感じることもありました。
そこで、ただお見合いパーティーに参加するよりも、目的がわかりやすい出会いコミュニティサイトへ登録することにしました。
同じような趣味や興味を持った人の集まりの中から出会いを見つけたほうがいいのではないか、と思い始めたのです。
この時、これまでの幾つかの失敗を通して、少し自分が建設的になってきたなぁ、と感じました。
そして、ギラギラした目で出会いを探すよりも、趣味や興味を一緒に楽しむパートナーをみつけたい、という、ややマイルド志向に路線を変更したのです。
すると、探している時には見つからないのに、探すのを止めた途端に、幾つかの出会いがありました。
趣味を通して出会った方で、共通の話題や趣味があるせいか、非常に楽しいです。
ふと、このまま結婚するのかも!と感じることすらもあるくらいです。
こんな婚活もあるんだなぁ、とつくづく最近思った次第です。
出会いコミュニティサイトを利用しての婚活
大阪府 30代の女性
毎日が会社と自宅の往復の生活でした。
何の不自由もなく、それなりに楽しい生活です。
年頃になった娘に、両親は結婚のことが気になってきたようで、時折話が出るようになりました。
会社は既婚者ばかりですし、週末は女友達とお茶したりするものの、異性との接点がなく、彼氏なんてしばらくいない状態だったんです。
いい年齢ですし、親も安心させたいと思い立ち、婚活はスタートしました。
仲のいい女友達にも紹介を頼みましたが、なかなかシングルの男性がいません。
そこで利用したのが、出会いコミュニティサイトを使った婚活です。
真剣な出会いを求めている男性が多いサイトに登録し、メールでのやり取りを始めました。
この華の会メールサイトは女性は完全無料でしたし、事務局の方も親切に不明点などを教えてくれましたので安心して利用する事ができました。
メールのやり取りは、時間や場所を選びませんから、気軽に利用することができました。
多いときに月に数回サイトで知り合った男性と食事などをしました。
結局、親類からのお見合いで、意気投合する相手と出会って、お付き合いすることになったので、運命とはわからないものです。
出会いコミュニティサイトでの活動は、よい経験になったと感じています。
アラフォー世代女性の婚活体験談
愛知県 40代の女性
今年で40歳になる×2の女性です。
20代の前半に一度結婚をして女の子を産みましたが、相手の男性に経済力がなく別れてしまいました。
子供は相手の両親が引き取り、親権は相手に渡し以後音信不通です。
2度目の結婚は30歳の時で相手は50歳の男性でした。
結婚7年目で相手の母親と同居となり、嫁姑の関係が折り合わず結局離婚してしまいました。
40歳になり一人でいるのは経済的に苦しいので3人目の結婚相手を探そうと思いこちらのサイトに登録しました。
さすがにこういう経歴ですので、贅沢は言えません。
こちらのサイトの良いところは、2度結婚に失敗してもまだチャンスがあると前向きに人生を捉えることができるところだと思います。
今、いいなと思っている方も×1の男性ですが、嫁姑の問題がなさそうで経済的にも安定している男性です。
歳は10歳ほど離れたメタボ体型の人ですが、今の私には、男性の見てくれは関係ありません。
相手も私のことを気に入ってくれたみたいで、何回かお茶をして今度は映画を見に行く約束を取り付けました。
私の特技は料理なので、相手の男性は映画の次は手料理を食べさせて欲しいと言っています。
まだ手探りですが何となく上手く行きそうな気がしています。
若い人ばかりという印象の出会いコミュニティサイトですが、ここでは私のような歳の女性が沢山参加しているのです。
このチャンスを逃したくないというのが本音です。
結婚がしたいなら婚活をするべきです!
千葉県 30代の女性
私が婚活をしようと考えたのは、付き合って8年目になる彼氏との関係がマンネリ化していたからです。
37歳ということもあり、周りでは未婚は私だけです。
いずれは彼氏と結婚をするのだろうと漠然と考えていましたが、彼氏の方は全くと言っていいほど結婚に興味を示しませんでした。
私が友だちの結婚生活の話をすると、決まって結婚に対する批判をしていました。
「このままお付き合いを続けていたら、年齢だけ重ねることになる」という焦りが出てきました。
そこで、私は親にだけ婚活を始めると宣言しました。
彼氏にも友だちにも内緒で、手軽に活動できる華の会メールで、結婚にふさわしい相手を見付けることにしたのです。
コミュニティというものを始めることに不安はありましたが、お申し込みの数も非常に多いですし、とにかくモテ期到来かと思うくらいいろいろな男性とデートができました。
なかなか良いと思える相手には恵まれませんでしたが、半年ほどたった時に出会ったのが今の夫でした。
彼氏とは正反対でインドア派の人でしたが、一緒にいるだけで波長が合うというのが分かりました。
初めて会った時にそう感じたので、とんとん拍子にお付き合いが進んでいきました。
夫に出会った時には「この人と結婚するだろうな」と思ったので、彼氏には「親に勧められたお見合い相手と結婚するかもしれない」と言いました。
彼氏は「そうなんだ」と言っただけで、簡単に別れることとなりました。
恋愛には恋愛に向いた相手を、結婚には結婚に向いた相手を選ぶべきですね。
お見合いの現代バージョンとも言えますが、結婚がしたい人は出会いコミュニティサイトで婚活をするのもありだと思います。
夢を叶えるための婚活
神奈川県 30代の男性
僕はとても緊張しやすい性格で、初対面の人となかなか上手に話せません。
そのせいでしょうか。
なかなか彼女が出来なかったのです。
しかし結婚をして、素敵な奥さんと子供で幸せに暮らすという夢はありました。
だから思い切って婚活の一環として、華の会メールに登録してみたのです。
登録前に事務局へ不明点を問い合わせた電話さえ緊張してしまいました。
それでもスタッフの方はとても優しい対応をしてくれたので、ここなら安心だなと思えましたよ。
会員登録は事務局スタッフの方が代行登録してくれるのでスムーズでした。
プロフィールなどは、事前にスタッフさんにどんな感じがいいのかを聞ききましたよ。
どういうお相手を探しているのかを聞かれたので、僕は正直に「優しい人がいいです!」と答えました。
そして登録後、メールを頂いたのは、おしとやかな感じの女性です。
お互い気が合ったのでとんとん拍子にお会いすることになりました。
当日、僕は緊張してしまい、なかなか言葉が出てこない状況に陥りました。
まあそれは僕もお相手も想定内だったでしょう。
お相手の女性が緊張をほぐしてくれ、少し慣れた頃に、今度は聞き手に回ってくれる。
だから僕は女性との会話を楽しむことが出来たのです。
その女性とは3回目に会った時にお付き合いを開始しました。
こんな僕でも婚活をすることが出来たのは、華の会のスタッフさんのおかげだと本当に感謝しています。
年齢に負けずに登録しました
熊本県 40代の女性
年齢も40歳になった頃、ほとんどの友人が結婚してしまい、私は生涯独身で過ごさなければならないのかと腹をくくりました。
でも、なかなか気持ちが安定せずに、諦める前に何か始めたいと思って婚活をスタートしました。
何もしなければそのまま独身ですが、自分なりに悔いなくパートナーを求めて活動をしていけば、うまく行けば結婚できるし、うまくいかなかったとしても後悔しなくなっていいなと思ったからです。
とはいえ、婚活は何から始めたらいいのかとても悩みました。
そんなある日、同年代のパートナーと出会える華の会メールを見つけてドキドキしながら登録してみました。
いわゆる出会いコミュニティサイトを利用することになったのですが、これが意外とヒットでした。
家に居ながら出会いのチャンスがやってきましたし、縁ものと思いつつもトキメキを持って日々を輝きながら生活できるようになったからなのです。
そして、前向きになった私は自分自身のオーラも明るいものとなってきたのか、交友関係も自然とどんどん広がっていったのです。
その結果、友人の紹介でとても素敵なパートナー候補と出会うことができました。
もうすぐ結婚もできそうな予感さえしてきました。
うまく行ったのは、やはり前向きな気持ちでしかも深刻にならずに活動を続けることができたというおかげだと思っています。
これからパートナー探しをされる全ての方に、どうか前向きに活動をしていただけたらいいなと思っています。
まだまだ諦めるのは早いですよ。
華の会メールに登録してみました
岡山県 30代の女性
小さい頃から、「将来の夢はお嫁さん」だった私ですが、30代後半になっても、まったく結婚ができそうな気配がありません。
大学時代から付き合っていた彼と別れて以来、恋人さえいない状況です。
私の勤務している会社は、女性社員や既婚の男性社員が多いので、社内ではとても出会いがありません。
仕事が忙しくて合コンなどをしている余裕もないので、ひとまず、出会いを求めて出会いコミュニティサイトに登録してみることにしました。
わざわざ何度も結婚相談所に足を運ばなくても、自宅のパソコンと携帯電話から手軽に利用できるというのが魅力的ですよね。
たくさんの出会いコミュニティサイトがあったのですが、とにかく出会いの数を重視して、同年代数の多い華の会メールを選びました。
こちらのサイトで、まず始めにしたことは、プロフィール検索をして、自分と合いそうな男性を見つけるということです。
私は映画観賞が趣味なのですが、趣味を同じくする同年代の男性がたくさんいて、とてもうれしい気持ちになりました。
その中でもとくに気になる男性を見つけたので、あまり気負わずに、簡単なメッセージを送ってみました。
好感触なメッセージが返ってきたので、メッセージのやり取りを何回か重ねた結果、実際にデートをしてみることになりました。
現在では、結婚を前提におつきあいをしているところです。
メル友からスタートでスムーズに仲良くなれます
兵庫県 50代の男性
私は、基本的に出会いコミュニティで活動し、メル友から次第に仲良くなって面会するようにしています。
同年代の女性が多くいらっしゃるこのサイトを利用した上での、私なりのノウハウですので参考にしていただければ幸いです。
私は口べたですので、会ってすぐ自分のPRを伝えるということは苦手です。
それに普段会って話す人たちは、基本的にその人がどんな人でどんな特徴かわかっている人たちです。
それなのにいきなり何も知らない異性と話そうとすると、頭の中が真っ白になってしまいます。
だから、まずメールで相手の好みや出かけるスポットなどを聞き、ある程度仲良くなってから会うことにしています。
もし話題がなくなってしまっても、「この前メールで書いてた件なんだけど」と質問すれば、沈黙することなくデートできます。
最初は、全く知らない相手とメールするのも上手くいきませんでした。
女性は基本的に「何でも聞いてください」と自ら情報開示してくれません。
こちらが質問して望む回答を引き出さなければならないからです。
そして、いきなり突っ込んだことを聞いても当たり障りのない返事が返ってくだけです。
そこで、まず気になる女性の中から出身地や居住地が自分の知っている土地の人を選びます。
そして、その地方のカフェやデートスポットなどローカルネタを元に趣味や休日の過ごし方を質問します。
二人とも知っているお店とか見つかると、メールもしやすくなりますし、相手の文章も情景がイメージできるので理解しやすくなります。
行ったことがない地域の場合、方言を利用します。
自分の地元の面白い特有の方言を教えたり、相手の地域の方言について質問したりするとデスマス調の硬い文面からスムーズにフレンドリーな文面に変わっていきます。
一人一人に合った出会いを探そう
北海道 40代の女性
私は、お見合いなどは堅苦しいイメージを持っていました。
お互いに向かい合って、静かな雰囲気の中で、コミュニケーションを取り始めることに不安やストレスを感じます。
興味がある方でも、お互い知らない相手とコミュニケーションを取り始めることに、大きな不安を感じる方も多いと思います。
そういったこともあり、私もあまりお見合いなどには積極的ではありませんでしたが、最近は、楽しみながら婚活出来る出会いコミュニティサイトもあるので、私も自然と興味を持てました。
例えば、日記コーナーなどで交流ができるサービスもありますし、口下手な方でも異性にしっかりとアピールできる環境が用意されています。
自然とコミュニケーションが取れるサービスに、とても興味を持てるようになりました。
前と違い出会いに対して積極的になるようになりました。
今はこちらのサイトで出会った方と様々な場所などでデートなどを楽しんでいます。
華の会メールに初参加
兵庫県 30代の女性
先日、出会いコミュニティサイトというものに、初めて登録しました。
私はこれまで「結婚なんてしなくていい」と思って、キャリアウーマンらしくバリバリと働いてきました。
でも、私もついに33歳になり、周りの友人たちが結婚していくのを見て、少しうらやましくなってしまったんです。
このままずっと一人で生きていくというのは、寂しいことかもしれないと気づき、婚活を始めてみることを決めたというわけです。
手始めに出会いコミュニティサイトに参加してみることにしたのですが、いろいろな方が出会いを探されていてビックリしました。
一昔前だとまだまだ知名度が低かったのですが、最近ではすっかりこういったサイトも当たり前のものになったんですね。
結局、多くの出会いコミュニティサイトの中から選んだのは、華の会メールでした。
有名サイトなので安心感がありましたし、中高年以上の専用サイトだというところにも魅力を感じました。
私はあまり若い人がいるところだと、引っ込み思案になってしまうんです。
特定の方とメールを続け、いざお会いすることになった当日は、いつもよりもかなり気合いを入れて化粧をし、服装も清楚で女性らしいものを選ぶようにしました。
お会いした方は同年代で、落ち着いて会話することが出来たのが良かったですね。
おかげで、趣味の合う公務員の男性と出会うことができ、今度2回目のデートに行くことが決まっています。
華の会メールに入会して婚活をしました。
東京都 40代の男性
私は特に結婚願望もなかったので、気がついたら40歳を過ぎてしまいました。
周りの友だちが次々に結婚して、幸せになっていくのを見ていて、自分のだんだんと結婚生活にあこがれを抱くようになったのです。
とはいえ、今までろくに恋愛をしてこなかったので、どうやって将来のパートナーを見つけていいのかが分からなかったのです。
そこで、私は出会いコミュニティ華の会メールに入会してみることにしました。
同年代の方が集まるサイトに入れば、効率よく婚活が出来ると思ったからです。
入会後は、お食事会やオフ会などのイベントに参加したり、プロフィールを閲覧して気になった方とお会いしたりしました。
カフェやレストランなどで待ち合わせて何人かの方とお会いした結果、どうしても気になる方に出会うことが出来たのです。
初めてお会いした日に、その方とは同じ県出身だったことが分かって、ついつい話が弾んでしまったのです。
ルックスも私の好みの方でしたし、何より話していてとてもリラックスできることに運命を感じてしまいました。
もちろん、その方が私と同じように感じているかどうかはまだ分かりません。
ですから、その方とはこれからじっくり関係を深めていって、最終的には結婚につながる良いご縁になったらいいなと思っています。
積極的になれないから
福岡県 30代の女性
私はとても引っ込み思案な性格のため、素敵だなと思える男性に出会っても、なかなか話しかけることもできませんでした。
そのせいなのか、気が付けばすでに35歳、周りはどんどん結婚していきます。
こんな状況をどうにかしたくて、後輩と一緒に婚活パーティーなどに参加してみましたが、なかなかうまく話せない私が大勢の人間の中に入っても、うまくいくわけがありません。
婚活の方法をもっとよく考えようと思い、ネットで情報を調べてみると、私のようなタイプには出会いコミュニティサイトを利用する方が良い、とアドバイスが書かれていました。
さっそくネットで出会いコミュニティサイトを探し、口コミなどを参考に自分がしっかりと利用できそうな場所を選び、華の会メールを利用してみました。
事務局に電話をすると私の話を親身になってスタッフの方が聞いてくださり、私に理想の男性の検索方法を教えてくれたのです。
そうしたら、とても雰囲気がよさそうな男性で、会ってみたいと思う男性にめぐり合う事ができました。
実際にあってみると、やはり素敵です。
このサイトならお相手の方と2人でしっかりと話せるため、なかなかうまく話せない私でも、時間はかかりますが自分のことを伝えることができます。
それにある程度相手のことはわかっていますし、お互いに相手が理想の範囲内の相手だということもわかっています。
そのため出会いからゴールまでが早いです。
私はその方とデートを重ね、半年後に結婚しました。
結婚してから2年たちますが、今も仲良く暮らしています。
このサイトに登録をしてよかったです。
婚活をするときには
東京都 40代の男性
婚活をするときには、まず「本当に自分が今パートナーを必要としているのか」といった点を重視しましょう。
どうしてかというと、ただ漫然と探そうかな・・・という感情ではなかなか見つからなかったりするからです。
私の例で言うと、40過ぎてまだ独り身といった環境の中で「親戚が結婚を急かしてくるから婚活するか」と重い腰を上げました。
ところがお相手を探してみましたが、なかなかうまくいきません。
ちょっといい人ができても、自分が強く恋愛をしたいといった意識に欠けているので、当然のことのように折角のお付き合いもハンパな感じで流れていって、お終いになってしまいました。
そこでようやく目が覚めて、積極的に「婚活」を見直し、積極的に行動するようになりました。
身の回りにいる異性との縁もなかったので、出会いコミュニティのようなサイトでいい人に出会う確率があるかもしれないし縁づくこともありうる、と信じて華の会メール登録してみたのです。
そうしたら、自分の性格や行動パターンに合う人が現れました。
良縁なら続けて会えばいいし、現実にお会いしたらちょっと違ったかも・・・というときにはお付き合いをお断わりすることもできます。
メールはウェブ上のメールボックスを利用するので、個人情報はお相手に伝わりません。
安心して、出会いを探せます。
体験した経験と出会いを成功させるためのアドバイス
三重県 30代の女性
私は、人見知りが激しいので、なかなか気の合う男性に出会えず、気付いた時には30代後半になっていました。
このまま、最良の人に出会えないのは寂しいと感じていましたし、両親も心配していたので行動することになったのです。
とりあえず気軽に登録できて男性と知り合えるかなと思い、このサイトに登録しました。
登録して少し経った頃、ある男性から熱烈なアプローチがあったので、あまり気が進みませんでしたが、会ってみることにしました。
その人は、3歳年下でしたが、落ち着いた性格でおっとりとした話し方をしてくれるので、好印象を持ち交際が始まり、今は夫婦として穏やかな生活を送っています。
これから、婚活をしたいと考えている方が多いと思いますが、アプローチしてくれる時は、気が進まなくても会ってみると良いですよ。
職場と家を往復しているだけでは、なかなか出会う機会は少ないものです。
私の住んでいる地域でも、様々な方が登録されており、30代の方から60代の方まで幅広い年代の方が利用しているようです。
友人も華の会メールで出会った方と再婚をして、幸せな生活を送っています。
相手の人に好印象を持ってもらうためには、清潔な見だしなみを整えるようにして、自分が話したいことをしゃべるだけでなく、相手の話に耳を傾けてあげると良いですよ。
身近な婚活、街コンから出会いコミュニティサイトへ
福岡県30代の男性
ここ数年、街の活性化になると、多くの街で行われているのが街コンです。
実は、私も数十回街コンに参加していました。
素敵なイルミネーションで飾り付けられ毎回違う雰囲気でいつも気分は盛り上がっていました。
ただ女性の皆さんは消極的な女性が多く、またその場を楽しんでいるという雰囲気で何度行っても本気の方は全く見つかりませんでした。
根本的に街コンへの利用目的が変わってきているのだと感じました。
そこで友達から紹介された華の会メールへ登録しました。
皆さんの利用目的が判りやすく街コンに比べ安価な為、数名の女性とのやり取りの中で良い方を見つけました。
遊園地やドライブデートなど4回のデートを重ね、その女性と付き合うことができました。
まだ結婚はできていませんが、お互いに前向きに考えているところです。
もう一度利用しないことを願っていますが、また何かあれば華の会メールを利用したいと考えています。
本当に有難う御座いました。
【婚活コラム-1】後腐れなく婚活を続けるためにやっておきたいお断りメール
相性がいまいち合わなかった相手に送るお断りメールは、婚活において絶対にしなくてはいけないルールはありません。
どうしてかというと、婚活中に成就しない交際は自然消滅が普通だと考えている人も多いからです。
ただ結婚相手を探すという狭い目的の中で行動していると、以前におつきあいしていた相手と何度もパーティで顔を合わせるケースも少なからずあるので、そういうのが気まずい人はきっちりとメールを送って関係を清算し、次の相手を探しに行くのがベストでしょう。
また丁寧に断っておくとそこから信頼関係が生まれ、結婚相手募集中の知り合いを紹介してもらえることもたまにあるようです。
ではそんなお断りメールをどう送ればいいかというと、婚活サイトでは独自の定型文が用意されているところが多いので、それを利用するのが無難ですね。
定型文のメリットは同じサイトを利用している場合、その文面だけで事情を察することができる点でしょう。
この方法は特に一度も会っていない段階のような、比較的相手との関係が浅い場合に有効です。
逆に何度も会った相手であれば、定型文の使用は失礼に当たりますし、相手も納得しないので自分の言葉で書くようにしましょう。
その時にポイントとなってくるのが、どうして断るのかという理由と、今まで自分に時間を割いてくれたお礼、そしてお互いにこれからいい結婚相手が見つかるようにという激励の三つの要素を盛り込むことです。
特に長くおつきあいしていたのなら丁寧に相手を傷つけない言葉を選んで書きましょう。
そうすることで相手との無用なトラブルを避けることができ、以後頼るになる情報源になってくれる可能性があります。
【婚活コラム-2】婚活を成功させるためのアドバイス
職場と自宅を往復しているだけでは、なかなか、気の合う異性とは出会うことはできないものです。
本気で結婚したいと考えている方は、趣味を楽しむために行動範囲を広げたり、親しい友人などに紹介してもらうことも大事です。
身近に信頼できる人がいない場合は、信頼できる結婚相談所などを見つけておくようにしましょう。
婚活をするのは、決して恥ずかしいことではありませんし、信頼できる結婚相談所は相手の身分や職業、年齢なども確認できるので、安心して利用できます。
安定した職業や収入のある方や、気さくで話やすい人柄の方や、魅力的な方が数多く登録されています。
入会費などがどれぐらい必要になるか、事前に調べておくと良いでしょう。
婚活パーティーに出席をすることで、多くの異性と交流をすることができます。
相手の方に好印象を持ってもらえるように、清潔感のある服装や髪型を心掛けることが大事です。
初対面の人と話すのは、緊張してしまうものですが、はきはきとした受け答えをするようにしましょう。
気に入った相手を見つけて、相手も好印象を持ってくれたら、メール交換をしたり、会う約束をするようにして下さい。
相性の合わない人とは自然消滅になることが多いですが、気が合うと何度もデートを重ねるようになります。
結婚相談所やお見合いの場合は、相手も結婚を意識しているので、早い段階で決まることが多いです。
早めに婚活を始めることで、最良の相手を見つけやすくなります。
【婚活コラム-3】婚活は疲れないことが大事
婚活は結婚相手を探す活動ですから、それなりに真剣な態度で取り組むことが大事ですが、疲れずに続けていくことも大切です。
婚活を行っている結婚相談所も、信頼できるところは有料であることがほとんどですし、管理がしっかりしている分費用もたくさんかかります。
ですから、なるべく早くにいい相手と出会いたいがために気合を入れて活動してしまうことも多いですが、あまりに神経質になりすぎると上手くいかなかったときの落胆が大きいですし、婚活も嫌になってしまいます。
恋愛で結婚する場合もそうですが、結婚する相手と出会うという事はなかなか簡単なことではないですし、結婚相談所を利用すればその分異性と出会う確率は高くなりますが、すべてが結婚につながるというわけではありません。
普通の恋愛と同じように、そんなに簡単に結婚相手と出会えるのではないということも頭に入れておくといいでしょう。
ですが、結婚に向けての活動も長く続けていることで自分の生活とのバランスがうまくとれるようになってくるでしょう。
仕事をこなしながら結婚相談所を利用している人がほとんどで、自分の趣味や生活を大事にしながら活動している人も多いです。
楽しいと感じられなければ続けることも苦痛になってしまうので、無理に頑張って疲れてしまわないためにも、あまり気合を入れすぎないで続けていくといいでしょう。
また、気持ち的にゆとりがあったほうが人間的にも近づきやすく、好感度があがります。
【婚活コラム-4】婚活で出会いを求める時代
婚活という言葉は、今では当たり前のように耳にします。
少し前までは、結婚は後回しで仕事に没頭する人が多くいました。
しかし、仕事が一段落すると結婚をするため婚約者を見つけようとしますが、女性と出会うことが中々ないまま歳をとる人が沢山いたのです。
そんなときに婚活が、話題になり始めたのです。
お見合いと違い、パーティー形式で女性とお話をします。
お見合いのように、誰かに紹介されて女性と会話するのではなく、自分がその場に行き自分の目で選んだ女性と会話をする事がメリットになります。
やはり誰もが、女性に対して好み等があるので誰かに紹介されるよりも、自分で選んでお付き合いまでいけたら嬉しいはずです。
成功させるには、ある程度努力が必要になります。
女性と会話するためには、まず話術が必要だからです。
楽しく会話をして、気に入ってもらわないとお付き合いすらできないです。
話術を鍛えるために、話術のスキルをあげる教室なんかもあります。
教室に通い話術をあげる人は、急激に増えています。
参加するのにも費用はかかります。
しかもそこそこの金額がかかるのでみんな必死に努力するのです。
そして、今ではシニア世代の婚活もあるのです。
歳をとり1人で過ごす人が多いシニア世代は、自分が最後に孤独死を向かえたくないという考えで、多くのお年寄りが参加する時代にもなってきてます。
そう考えると、若い人からお年寄りまで幅広い年代の人が1人でいる淋しさに耐えられず、出会いを求める時代なのです。
【婚活コラム-5】若さは女性の最大の武器である
婚活に遅すぎるということはありませんが、特に女性はなるべく若い頃から婚活を開始して欲しいと思います。
なぜなら男性は、自分より年下の女性を好む傾向があるからです。
また、年齢以外ほぼ同条件の女性がいた場合、どちらかと言えば若い女性を選ぶ確率が高く、多少条件が劣っていたとしても無意識のうちに年齢を基準に選んでしまうのが男性という生き物なのです。
40代より30代。
30代よりは20代なのです。
もちろん、必ずしもそういった男性ばかりではないでしょう。
中身や人柄で判断される男性も大勢います。
しかし現実問題、女性には子供を産み育てていかなければならないという大切な使命があります。
近年では晩婚化による不妊症などのリスクも高まりつつあり、若さに勝るものはないといったことを、女性は早いうちから自覚するべきなのです。
逆に言えば、女性は若いうちから婚活を開始することにより、非常に優位な立場に立つことが可能となります。
出会いのチャンスも広がりますし、どんな男性でも自分から選べる立場となります。
結婚を意識したくさんの男性に出会うことによって、人柄を見る目も磨かれて行きます。
たとえ失敗することがあったとしても、すぐやり直すことができ次の恋愛に生かすことができるのです。
女性にとってこのような経験は非常に価値あるものとなることでしょう。
素敵な男性と幸せな結婚をするために、女性には早い時期から結婚を意識した男性探しをして欲しいと思います。
【婚活コラム-6】婚活をするなら若いほうがいい
婚活する年齢は若いほどよく、近年は特にこの傾向が強まっています。
結婚相談所のコンサルタントによると、女性は20代のうちに結婚するのが好ましいとしています。
男性に関しては、年齢は関係ないと言われてきましたが、今は男性も30代のうちに結婚するべきだそうです。
年齢を重ねてしまうと、選択肢が狭くなってしまうのは男女に共通することです。
婚活する男性の多くは、結婚して子どもが欲しいと考えていますので、必然的に若い女性を好みます。
年齢を重ねるほど出産のリスクは高まるので、20代の女性が好ましいというわけです。
女性の場合は、男性の年齢にはこだわらないと言われてきましたが、実際にはそうではありません。
例えば、女性が30代、男性が50代というカップルでは、結婚したあとに男性の介護の問題も考えてしまうでしょう。
これらの現実を考えると、やはり男女の年齢差は極端に開いていないほうがいいのです。
女性が25歳であれば、男性は28〜30歳くらいが好ましいのです。
早く婚活するメリットの大きさで言えば、男性より女性のほうが大きいでしょう。
男性は20代の女性を好むため、29歳と30歳ではたった1歳しか違わなくとも、男性から見たイメージはかなり違ってくるのです。
そのうち結婚できると安易に考えていると、あっという間に30歳、なんてことになりかねません。
30歳でも結婚できるチャンスは大いにありますが、自分を選んでくれる男性の年齢層は高くなってきます。
性別に関係なく、若くして成婚したほうがいいわけです。
【婚活コラム-7】女性にとっての婚活とは
子どもの頃は、大人になったら自然と結婚をして、子どもができると思っていました。
しかし、いざ大人になってみると、自分を含め結婚していない男女が数多くいるのが現状です。
結婚とは、何もせずにできるものではなく、能動的に動いてするものなのだと実感する毎日です。
特に女性にとっては、子どもを設ける場合は年齢的なタイムリミットが存在します。
例えば35歳で第一子を設けたい場合は、34歳には結婚している必要があり、結婚までの交際期間を2年と設定すると、32歳には付き合い始めなければならず、出会いから付き合い始めまで1年かかったとすると、婚活開始は31歳となり、出産予定年齢の4年前から動き始めなければなりません。
これはあくまでも予定なので、例えば結婚に至らず別れた場合や、交際期間が延びてしまう場合もあるので、思う通りにいくものとは限りません。
結婚を真剣に考えた交際でも、実際に結婚に至るとは限らないのが難しいところです。
何回か失敗を繰り返すかもしれないと考えると、35歳第一子出産を目標にした場合でも、4年前からの婚活では間に合わない可能性があるので、もっと早くからの行動が必要になってくる場合が出てきます。
交際期間や出会ってから付き合うまでの期間は人それぞれなのですが、自分にはまだ結婚は早いのではないかという段階から、結婚に向けて行動だけは起こしておいた方がいいのではないでしょうか。
早いうちからの婚活を自覚していなかったことを悔やむことないよう、計画的に人生設計を行うことが、結婚への早道ではないかと考えます。
【婚活コラム-8】婚活のことはプロに相談しよう
自分の魅力は自分ではよくわからないものです。
婚活を成功させるコツは、自分の魅力をうまくアピールすることです。
幼馴染であれば、互いのことは手に取るようにわかるでしょうが、婚活相手は初対面から人間関係を構築していく必要があるので、短期間で魅力を知ってもらう必要があります。
結婚相談所に入所すると、専属のアドバイザーのサービスを受けることができます。
あなたを客観的に判断し、魅力を引き出してくれるプロなのです。
自分では気づかない魅力、欠点などがわかってきますので、異性に対しても自信を持って接することができるようになります。
ときに厳しいアドバイスを受けることもありますが、厳しい意見ほど参考になるものです。
デートの話題作り、自分にマッチングした相手、アプローチするタイミングなど、役立つ情報が満載です。
婚活においてもイメージが大切となるので、第一印象をよくする工夫が必要となります。
人間は内面だと言われますが、きっかけとなるのは第一印象なのです。
印象の悪い相手に対して、話しかけようとする人は少ないでしょう。
人は無意識のうちに話しかける相手を模索しており、それは道に迷って誰かに尋ねるときも一緒なのです。
第一印象のイメージは非常に強く、相手に対する印象の7〜8割を形成すると言われているほどです。
ヘアスタイル、ファッションでかなりイメージは違ってきますので、アドバイザーに相談して自分に合った服装、髪型などを提案してもらいましょう。
【婚活コラム-9】婚活は計画的に行おう
婚活は計画的に行うようにしましょう。
結婚できないと悩んでいる方の多くは、計画的に行動していないことに原因があります。
結婚相談所に入所すれば、いつか結婚できると考えている方は多いのですが、行動をせずに安心していてはダメなのです。
大切なのはゴールを決定しておき、それに応じたスケジュールを設定することです。
ゴールを決めないとスケジュール設定もできないので、漠然と時間を過ごすことになります。
ただ、無理なスケジュール設定はモチベーションを低下させますので、実現可能な半位で設定することが大切です。
具体的な行動の仕方については、アドバイザーに聞くようにしましょう。
闇雲にパーティーやコンパに参加しているだけでは成功しません。
お見合いを何度受けても結婚につながらないという方は、失敗を活かせていない可能性があります。
なぜ失敗したのか原因を把握できなければ、また同じ失敗をするのです。
婚活には王道パターンはなく、10組いればすべて成功までの流れは変わってくるものです。
他人が成功したからその真似をすればいいという簡単なものではありません。
人によって性格は違いますし、何よりも相手がいることなので、絵に描いたようには進まないものです。
成功の秘訣は、モチベーションを維持し続けることです。
何度も失敗しているとモチベーションが低下して、やがて活動することが嫌になってきます。
そうなると、その気持ちは相手にも悟られてしまうので、ますますうまくいかなくなります。
婚活が成功するまで、やる気を継続させることも大切なのです。
【婚活コラム-10】婚活のすすめ
結婚に対しての憧れを持っている人は多いのではないかと思います。
しかしそれはとても漠然としていて、その憧れを実現させる方法を具体的に考える人はあまり多くないと考えます。
その理由は、恋愛の延長線上に結婚があると考えている人が多いことにあります。
そして、恋愛はいつでも自然にできる、むしろ自然に始まるものだと思ってはいないでしょうか。
人間も動物なので、子育てに適する年齢になると、自然と異性を求めるものだと思います。
しかし、そういった本能の働きがあっても、仕事やそのほかの生活環境などで、気持ちにストップをかけざるを得ない場合も多々あります。
人間の場合は、理性が本能を抑制し、社会生活を成り立たせている為、時にそれが伴侶探しの弊害となってしまいます。
しかし、仕事が忙しい、生活基盤が安定していない、自分に自信が無く告白できないなどの様々な理由により、婚活をストップしている場合は、どこかで自然に恋愛が始まるのではないかと気持ちのどこかにあったとしても、実際は踏み出すのは難しいのではないでしょうか。
婚活にはお見合いなどの結婚前提での出会いもありますが、できれば自然恋愛からの結婚をしたいと望むひとが多いと思います。
自然恋愛を望む気持ちと、様々な理由で理性が阻む気持ちが、無意識のうちにせめぎあっている場合、どうしても行動が消極的になりがちなので、意識的に、自分は婚活をするのだと、気持ちを奮い立たせることが必要ではないでしょうか。
【婚活コラム-11】理想の相手探しの落とし穴
世の中には個性的で魅力ある人がたくさんいますが、当然のことながら結婚は一人としかできません。
婚活とはそのたくさんの人の中から、たった一人を選ぶということなのです。
しかし中には、どうしても結婚を決断することができないと悩んでいる人もいます。
「この人こそ理想の相手だ」と思える人に出会ったとしても、次の瞬間には「いや。もっと他に自分に合う人がいるんじゃないか?」と、なかなか決めることができないのです。
または、同じくらい大好きな人が二人いて「どちらか一人を選ぶことができない」なんて、贅沢な悩みを持つ人もいます。
生涯の伴侶を選ぶわけですから、簡単に相手を選べないという気持ちは分かります。
ですがそれでは、理想の相手探しの迷子になってしまい、永遠に一人を選ぶことなどできないでしょう。
よく、結婚は縁とタイミングだと申します。
魅力的な人は大勢いますが、その人という人間は世界にたった一人しかいないのです。
あなたが迷っている間に、せっかくの縁とタイミングはあっと言う間に逃げてしまいます。
逃してしまってから後悔しては遅いのです。
理想の相手とは、そう何度も出会えるものではありません。
次々と相手をとっかえひっかえしているだけでは、ただの時間の浪費になってしまいます。
婚活の場ではまず出会えた縁を大切にし、相手ときちんと向き合うことが大切です。
相手に真剣に向き合わなければ何も始まりません。
そして、タイミングを逃すことなく決断して頂きたいと願っています。
【婚活コラム-12】行動範囲を広げるだけで出会いの可能性も広がる
婚活中の男女の悩みで一番多いのが、出会いがないということです。
ほとんど毎日会社と自宅の往復で、たまに声がかかれば飲み会や合コンなどに顔を出す程度では、新しい出会いなどあるはずもありません。
しかし出会いを求めて行動範囲を広げろと言われても、どこへ行ったらいいのかわかりませんよね。
いきなり大きな変化を起こすなんて無理な話しです。
まずはいつもの行動をほんの少しだけ変えてみましょう。
例えば通勤で利用している電車を、いつもより早起きして一駅分だけ歩いてみる。
という変化だけでも、全く違う景色に気がつくものなのです。
見える景色はもちろん、すれ違う人々もいつもと違います。
新しいお店を発見すれば、今度行ってみようと思うことでしょう。
一駅分歩けばいいウォーキング運動にもなります。
そこから運動不足だったことに気がつき、スポーツジムに入会しようと思うかもしれません。
一つの変化がきっかけになり、そこから行動範囲も徐々に広がって行きます。
行動範囲が広がれば、それだけ出会いの確率も高くなるのです。
他には、いつもと違うジャンルの映画を見に行く、行ったことのない場所へ行ってみるのもいいでしょう。
出会いがないと嘆いていないで、まずは小さな変化を楽しみながら行動を起こしてみませんか?
小さな勇気とほんの些細なきっかけが、大きな変化を呼ぶものなのです。
婚活パーティーやお見合い、結婚相談所に頼らずとも、素敵な出会いがあなたを待っているかもしれません。
【婚活コラム-13】婚活をはじめる前のチェックポイント
婚活をする前にしておいたほうがいいのが、身だしなみのチェックでしょう。
仕事の場であってもそうですが、人は第1印象を重要視する傾向があります。
だって面接にシワだらけのスーツを着て、金髪にピアスで来られたらどんなに優秀な人材であっても合格圏外にされてしまうかもしれません。
それは面接を受ける人の多くが好印象を与えるべく、スーツにはアイロンを当てて髪の毛も真っ黒に染めるのですからね。
婚活も就活同様で、場に合った格好というものがあります。
まず髪の毛ですが、大人なので特にカラーがNGということはありません。
ただ相手に不快感を与えるような髪型は避けたほうがいいでしょう。
例えば髪の毛が何日も洗ってないのがわかるほど湿っていたり、もつれてしまっていたり、これは男女関係なく引かれる可能性があります。
いくら仕事が忙しくても髪を綺麗にしておいてください。
そして服装も重要です。
就活のようにスーツで行くと決め込みすぎになります。
しかしながらジーンズにTシャツはラフすぎるので好ましくはありません。
男性であれば綺麗めのズボンとジャケットなどがいいでしょう。
明るい色を着ていけば爽やかさもアップするはずです。
女性であれば出来るだけズボンを避け、スカートを穿いていくようにしてくださいね。
もちろん化粧も派手すぎず薄すぎないように気をつける必要があります。
だから1度、プロの方の化粧をしてもらって自分が1番美しく見える化粧方法をマスターしておくのも1つの手です。
【婚活コラム-14】プロフィール作成で気をつけること
ご存知でしょうか、プロフィールの作成が婚活が成功の鍵になります。
入会した結婚相談所などによって多少は違いますが、基本的は同じような項目が並んでいるでしょう。
まずプロフィールというのは、自分のことを相手に知ってもらうために作成するものなのです。
だから正直に書くことも大切ですが、相手に良い印象を残せるように工夫する必要があります。
高確率でプロフィール項目になっている性格についてみていきましょう。
例えばですが、普段は明るい性格だけど初対面の人に対してだけは人見知りするとします。
そしてプロフィールにも人見知りをするという情報を記入したとしますね。
実はこれは相手にマイナスイメージを与えてしまう可能性があります。
その上、高い確率で大人しいと勝手にキャラ設定されてしまうのです。
だから絶対にマイナスイメージに繋がるようなことは書かないようにしましょう。
そして最も重要なのが自己PRの欄になります。
どんな世代の人であっても女性は男性らしい人に、男性は女性らしい人に惹かれる傾向があるのです。
例えばですが日曜大工が得意であっても女性であれば書くのは控えたほうが無難でしょう。
だってこれは男性からすると強い女性というイメージに繋がるのです。
また逆に男性が女性らしいことを趣味にしているという記載も避けるようにしましょう。
自己PRの欄は特に注目する人が多いので、趣味などを盛り込みながら記入するのがおすすめです。
あと手書きの場合は綺麗な字で、読みやすくなるような工夫も必要になります。
【婚活コラム-15】離婚経験者の婚活について
アラサーアラフォーの未婚の人たちが、そろそろ結婚したいと焦りだして出会いを探すものが婚活です。
けれども離婚経験者も、過去に対して気持ちの整理ができていろいろな生活環境が落ち着きまた家庭が欲しいと考えたとき、パートナーを探すことは大事なことです。
最近はそういった離婚経験者も、前向きに出会いを探せるような婚活サービスも整ってきました。
お見合いパーティなどでは、再婚希望者や再婚理解者であることが参加条件となっているパーティもあります。
そのような条件のパーティであれば、離婚経験者も躊躇せずに参加することができますし、再婚理解者ばかりの集いとなると自分の過去がネックにならず、安心してパートナーを探すことができます。
また、離婚経験者の場合は子供がいるという点で、うまくお付き合いをしていけるか悩んでいる人も多いでしょう。
結婚相談所などでは、そうした悩みやうまく乗り越えていくコツなどを、丁寧にアドバイスしてくれるカウンセラーも配属されています。
自分の過去の失敗を前向きに生かして新たに頑張ろうと思うものの、離婚歴があるといろいろな支障が出てくることも現実です。
それでも幸せになるために、こうしたカウンセリング相談の存在は大きなサポートとなります。
いろいろ抱えている離婚経験者も、さまざまな婚活サポートを活用して、積極的に次へ向かって歩きましょう。
失敗を経験したからこそ、人の痛みが分かるものです。
次こそは幸せな結婚ができるよう、頑張りましょう。
【婚活コラム-16】様々なチャンスを活かせるようにする
出会いがないと嘆いて待っているのではなく、チャンスは自分からつかみとっていくようにすることが大事です。
特に、結婚願望が強いという人は、積極的に出会いの場を設けるようにするといいかもしれません。
合コンに参加したり、最近は婚活として様々なサイトが立ち上がっていたりするので、情報収集して参加してみるのもお勧めです。
できるだけ視野を広げたいというのなら、様々な職種の人が会員登録しているようなサイトを活用することをお勧めします。
お見合いパーティーなどを運営しているサイトも多いので、利用してみるといいかもしれません。
友人と一緒に参加することができるようなサイトもあり、これなら安心して楽しめること間違いありません。
婚活をすることは決して悪いことではなく、できるだけ周囲を取り込んでいくようにすることがポイントです。
周囲に誰かいい人は居ないか、居たらすぐにでも紹介してもらえるような状況を作っておきます。
そうすれば、いつでも出会いの場をつかみとることができるはずです。
もちろん、単に異性との出会いの場へ出掛けていくだけというのではなく、異性から好まれるように、自分自身を磨くことも大切です。
自分磨きとしては、女性の場合、料理を習ってみたり、作法を学んでみたりということをやってみることで、異性に好感を持ってもらえることがあります。
相手から結婚対象と見られるような磨き方が大切です。
見た目をキレイにするだけではなく、中身も磨くことで、チャンスをつかみとることができやすくなります。
【婚活コラム-17】婚活では価値観を大切にしよう
婚活で大切となるのは、互いの価値観なのです。
経済力、職業、学歴、身長、容姿などのスペックで相手を探す方は多いでしょうが、価値観に関してはあまりこだわらない方が多いのです。
生活を優先して考えたとき、第一に大切となるのは年収ですが、互いの相性が悪ければ長続きしません。
あまりにも価値観が違いすぎると、それ以外の部分がマッチしていても、楽しい結婚生活を送ることは難しいでしょう。
好きでもない相手と一緒になり、毎日同じ屋根の下で生活するのは大変なものです。
男女にはそれぞれ相性があり、スペック上では自分には合わないと思っていても、実際に会って会話したら相性最高だった、なんてケースは少なくありません。
データでわかるのは一部なので、少ない情報だけで相手を判断してしまうのは損です。
結婚相談所のアドバイザーは、婚活ではとにかく大勢と会ってみることが大切だと言います。
会ってみることでコミュニケーション能力、会話力が磨かれていきます。
また、異性を見る目も養われていくので、なるべく大勢に会ってみましょう。
データ上のスペックも大切ですが、最終的に相手との相性を知るのは自分自身なのです。
絶妙な相性、フィーリングの相性などは実際に会わないと見えてきません。
婚活でわからないことがあれば、迷わずアドバイザーに相談しましょう。
何でも自分で解決しようとしては、時間ばかりかかって非効率的です。
不安を抱えて状態で活動しても十分な効果は発揮できないのです。
不安・迷いを感じたら、プロにアドバイスを求めましょう。
【婚活コラム-18】表情1つで変わる第1印象
好感度をアップさせるためには条件が3つあります。
まず1つ目は口角が上がっていることです。
真一文字だと無表情に見えますし、下がっていると怒っていると思われるかもしれません。
だから大事な場面の前には口元の状態を少し、意識する必要があるのです。
例えばラッキー、ウィスキー、ミッキーという言葉を5回繰り返して言ってみましょう。
そして2つ目は目がきらきら輝いていることです。
基本的に涙ができると潤んだ目になります。
しかしながら大事な場面の前に泣くというのは難しいかもしれません。
だから目を開けた状態でぐるぐると眼球をまわしてみましょう。
左右5回ずつほどまわせば程よい潤み具合になるはずです。
3つ目の条件は動きのある表情になります。
これは普段からレッスンしておく必要があるかもせれません。
まず鏡の前で、あいうえおと言ってみましょう。
口を大きく開けることがポイントになります。
そして自己紹介の予行練習をするのです。
婚活は生涯のパートナーを探す場でもあります。
子供ができて、一緒に暮らしたらどんな感じなのかな、会話をしていく中で相手はイメージを膨らませていくことでしょう。
相手に自分を選んでもらうためには、良いイメージを与えるようにしなければなりません。
女性ならば女性らしく、男性ならば男性らしさのある表情、それを心がけることも大切なのではないでしょうか。
自分だけではわからないときは、まわりの人に表情をチェックしてもらうのも1つの手になります。
【婚活コラム-19】無料と有料の結婚相談所の違い
結婚相談所を選ぶとき、無料と有料のどちらの相談所にするか迷うかもしれません。
無料とは文字通り1円もお金がかからないことです。
お得に婚活できそうに思えるでしょうが、有料相談所とはサービスがまるで違います。
会員のレベルを見ると、有料相談所のほうが圧倒的に高くなっています。
無料で入会できるサービスは、会員に課されるハードルがないのです。
入会金・月会費を支払う必要がなく、活動することにリスクはありません。
そのため、遊び半分で入会する方も多く、結婚を本気で考えていない方も少なくありません。
有料相談所、入会資格の厳格な相談所は、集まってくる方のスペックが高く、結婚に対する本気度も違います。
本気で結婚を目指すのであれば、有料の相談所を利用するべきでしょう。
有料の相談所で婚活するメリットには、コンサルタントのサービスを受けられることもあります。
コンサルタントは大勢の成婚に携わってきたプロです。
ときには厳しいアドバイスも受けますが、これはすべて自分に必要となります。
結婚には運も関係してきますが、結婚できないと嘆いている方の多くには原因があるのも事実なのです。
スペックは申し分がなくても、人と会話をするのが苦手で縁に結びつかないのかもしれません。
相手との相性を図っていくために一番確実なのは会話をすることです。
会話がぎこちない、話題が思い浮かばない、といった方は会話術から磨いていく必要があるでしょう。
コンサルタントは会話をうまく進める方法、自分の魅力を引き出す方法なども教えてくれます。
【婚活コラム-20】準備しておけば安心、婚活に必要なものについて
結婚相談所であればアドバイザーさんがいるので、婚活をすすめやすいと今注目が高まっています。
このアドバイザーさんは会員1人に対して1人付くので、いろいろと相談などもしやすくなるはずです。
そしてだいたいどこの結婚相談所でも、同じような書類が必要になるのでそれを紹介していきましょう。
まずは独身証明書です。
日本の民法では第732条に重婚の禁止という項目があります。
もしも既婚者の方が入会してしまうと、後でトラブルが発生してしまうかもしれません。
そう考えると、しっかりと独身であることが証明された人ばかりが会員の結婚相談所は安心感があります。
本籍地の市役所に行けばすぐに発行してくれるはずですし、遠い場合は郵送で取り寄せることだって可能ですよ。
住民票も同じように市役所で発行してもらうことができます。
続いて卒業証明書も必要になる場合が多いです。
だって婚活で相手を選ぶときにプロフィールを重視する人は多いのですからね。
これは学校に問い合わせると発行してくれます。
そして収入証明書も必要になるでしょう。
特に男性の場合は結婚後は家族を支えていくことになるため、1年間の収入額はとても重要になります。
用意するのは給与明細書や源泉徴収票で構いません。
自営業の場合は確定申告書の控えを用意しておきましょう。
あと契約をするときには印鑑も必要になります。
あらかじめ用意しておくものを知っていれば、婚活もスタートしやすいのではないでしょうか。
【婚活コラム-21】合コンに比べてメリット多い婚活パーティー
今話題の婚活には、様々な種類があります。
知人や友人からの紹介や、合コン、結婚相談所、パーティーなどです。
気軽に友達作りから始められることから合コンも人気ではありますが、なかなか合コンでいい出会いがないと感じている方も多いでしょう。
数をこなしている人であれば出会いの場も広がるのですが、なかなか数をこなしていないという方は、なかなかいい出会いにこぎつけることが難しいです。
そこでおすすめなのが、今話題の婚活パーティーです。
このパーティー型のメリットはたくさんあり、男女とも参加人数が多い為に、合コンなどと比べると一度にたくさんの異性と出会えるという点が一番の魅力ではないでしょうか。
時間は限られているのでじっくり話す時間はなかなかありませんが、短時間で多くの異性と出会えるのは非常に効率的と言えるでしょう。
また、合コンではなかなかマンツーマンで会話を楽しむというよりは複数で会話やその場を楽しむという雰囲気ですから、なかなか肝心なことをきけなかったりします。
パーティーなら、短い時間ながらに二人きりで話す機会が設けられているので良いですね。
また、プロフィールカードを事前に記入して、名前だけでなく、職業や趣味などの自己PRが書かれたカードを見ながら会話ができるので、初対面の方との会話が苦手と言う方にも話のきっかけづくりが得やすく、自分もPRしやすいという特徴があります。
一通りの異性と自己紹介をした後は、フリータイム時間が設けられ、気になる異性に積極的にアタックできる時間です。
この時間があるからまた改めてじっくり話せるというのもメリットですね。
合コンとは違い、結婚を前提にという男性女性も多いですから、話もまとまりやすいでしょう。
かといって、結婚相談所ほどかしこまった形でもないので、気軽に参加しやすいですから是非皆さんも一度参加してみてはいかがですか。
【婚活コラム-22】婚活をせずに出会いは得られる?
自分の理想の人に巡り合うのは非常に難しいことなのです。
社会人になると仕事が忙しくて出会いは減りますし、自分とマッチングした相手を探すとなると相当に困難です。
出会いが少ないのに、理想を追い求めても、まず理想的な相手と結婚することはできません。
結婚までの時間が長くなると、ますますチャンスは遠ざかっていくものです。
20代と30代ではチャンスの大きさが違うのです。
40代になると理想を追い求めることが難しくなり、いろいろな意味で妥協が必要となってきます。
相手に理想を求めることは簡単ですが、多くを求めるということは、相手からも同じように求められるのです。
高いハードルを掲げるほど結婚が難しくなるのは間違いありません。
20代前半のころに出会いがほとんどないという方は、20代後半になるともっと減ると考えていいでしょう。
本気で結婚をしたいのであれば、30歳になる前に婚活を始めるべきなのです。
婚活にもスキルが必要なので、活動してすぐにはコツはつかめないでしょう。
自分磨きの方法、会話術、コミュニケーション能力など、自分を高めていくための期間が必要なので、早めに行動をしたほうがいいのです。
何よりも若さというのは武器になりますから、若いだけで選択肢は広がります。
しかし、30代、40代と年齢を重ねていくと、それ以外のスペックに魅力がないと、選ばれることは難しくなってきます。
婚活の時期は遅くなるほど、自分に対するハードルを高めてしまうのです。
【婚活コラム-23】マイペースの婚活はうまくいくのか?
マイペースで婚活するので、結婚相談所は不要という方がいます。
自分のペースで婚活するという話は合理的に思えるかもしれませんが、結婚できない原因にもなっています。
時間というのは空きを待っていてもできるものではありません。
自分で積極的に時間を作る必要があるため、忙しさに追われているだけでは結婚は難しいのです。
時間ができたときにパーティーに参加しようと考えていて、1ヶ月、また1ヶ月と時間だけが過ぎ去ってしまう方は多いでしょう。
その間にも確実に年齢を重ねており、結婚へのハードルを高くしているのです。
さらに結婚相手に高すぎるハードルを課している場合、結婚はますます難しくなります。
ハードルを高くするほど対象とする相手は少なくなり、チャンスは減ってしまうのです。
何よりもハイスペックの相手は人気があるので、熾烈な競争のなかで活動していくことになります。
20代のころはあまり妥協しなくても結婚できる可能性は高いですが、30代になると妥協が必要となってきます。
これは男性・女性の両者に言えることなのです。
妥協をすることで相手からもアプローチを受けやすくなります。
理想ばかり追い求めていると、相手側としてもアプローチをすることに抵抗を感じるため、声をかけてもらう機会が減ってしまうのです。
結婚に妥協をしたくない方ほど、早くから婚活を始める必要があります。
20代のころは、ある程度わがままを通しても相手がみつかりやすいです。
【婚活コラム-24】賢く婚活するためには
婚活が上手な方ほど、短期間で成婚をされています。
しっかりと計画を立てて活動期間を決めてから婚活しているのです。
漠然と活動している方ほどスケジュールが未確定となっており、それゆえに行動できないのです。
人間は目的なくして行動ができない生き物なのです。
活動期間とスケジュールという目的設定をすることで、はじめて行動もできるようになります。
一番注意したいのは、自分に無理をしてまで活動しないことです。
婚活疲れという状態に陥ると、軽度のうつのようになってしまいます。
何事にもやる気が起きないので、パーティーやお見合いにも参加しません。
だけど、結婚相談所には在籍しているので会費は発生するのです。
お金を払っているのだから、活動しないといけないと自分に言い聞かせても、自信がない状態では何をやってもうまくいきません。
ダラダラと活動するのはダメですが、焦ったり無理したりするのもダメなのです。
焦りというのは相手にも伝わるもので、相手に気負いさせてしまうのです。
一緒にいてプレッシャーやストレスを感じるようでは、結婚相手として見てはくれないでしょう。
結婚においては収入を重視する方が多いですが、価値観・性格を無視してはいけません。
容姿も自分好みのほうがいいでしょうが、毎日いると慣れてしまうものです。
そうなると、最後は価値観・性格の相性が大切となってきます。
相性を無視してスペックばかり追い求めると失敗しやすいので注意しましょう。
【婚活コラム-25】なぜ婚活で失敗してしまうのか?
婚活で失敗する方にはある特徴があります。
最も多いパターンとしては、相手への条件が高すぎることです。
それでいて、自分の欠点には気づかないという方が多いのです。
例えば、年収1,000万円以上の男性を探すとなれば、自分もそれに見合った価値を求められます。
結婚相談所を利用する女性の多くは、男性の平均年収を把握していません。
年収600万円〜800万円が平均だと考えている方が多いのですが、現実的な平均値は400万円なのです。
平均を高く認識しているため、年収500万円でも少ないと感じてしまうのですが、世間一般から見れば十分な年収となります。
婚活で失敗する要因には、性格的な問題もあります。
これは相手との相性以前の問題であり、相手を不快にする言葉を吐いている自分に気づかないのです。
一緒にいて不愉快になる人に対して、好意を抱いてくれる人はいないでしょう。
わずかな会話でストレスが溜まっている状態では、とても結婚生活など営めません。
相手を気遣うためには、自分をよく知ることも大切なのです。
結婚相談所には専属アドバイザーがいますので、自分の欠点についても聞いてみるといいでしょう。
耳が痛い言葉ほど、自分にとって必要な言葉なのです。
失敗の原因に気づかずに婚活を続けても、うまくいこうことはありません。
遊び目的の相手は寄ってくるかもしれませんが、本気で結婚したいという方からは敬遠されるでしょう。
相手に多くを求めるより先に、自分の欠点も直さなくてはいけません。
【婚活コラム-26】40代の女性が婚活するために必要なこと
40代で婚活する男女は、社会的立場も相応に高くなっています。
年収も高く、仕事でもマネジメントを任されるようになり、多くの部下を持つ年代でもあります。
その反面、自信を持つことが難しい年代とも言われているのです。
社会的な不況により、年収は大幅に下がってきています。
日本は年功序列が根付いていましたが、最近は実力主義になりつつあります。
貧富の差が激しくなってきており、お金持ちが増える一方で、稼げない男性も増えているのです。
昔は40代の男性といえば、最も結婚に適した年代とも言われていましたが、今は男性も20代、30代が婚活に適した年齢となります。 40代で婚活する女性は、男性に求めるスペックを下げる必要もあります。
相手に多くを要求する前に、自分も年齢を重ねていることを自覚することが大切なのです。
男性は若い女性を好む傾向があり、20代の女性と結婚したいと考えています。
女性は年齢を重ねるほど出産が難しくなってくるため、男性は本能的に20代の女性を求めるのです。
40代の女性が男性にアプローチするときは、若い女性にはない強みをアピールしましょう。
男性は一緒にいて安心できる女性を求めているのです。
結婚相談所を利用するなら、子どもがいらないという男性を選んでみるのも手でしょう。
子ども嫌いの男性も少なからずいますので、こうした男性ならば40代の女性も許容範囲として見てくれる場合が多いです。
結婚の間口を広げるためには、相手に求めるハードルを下げることも大切なのです。
【婚活コラム-27】婚活ツアーに参加してパートナーと出会おう
晩婚化と言われている時代において必要なのは、自らが積極的に出会いの多い場所に出掛けることです。
まわりの友人はどんどん結婚してしまい、いつの間にか自分は取り残されてしまうという悩みを抱えているなら、まずは様々なイベントに参加をして出会いのチャンスをつかむことが大切だと思います。
最近では20代や大学生の若い世代の男女でも、積極的に婚活をしていると言われていますが、やはりそれだけ早くから将来の結婚に向けて準備をされる方が多いのでしょう。
たくさんの出会いを作りながら楽しめるイベントの一つで、婚活ツアーというイベントがあります。
こちらはこの名前の通りに、旅行に出掛けてパートナーを探すという内容になっており、日本各地で行われているようです。
泊まり掛けもあれば、日帰りバスツアーという企画もあり、なかなか面白いのではないでしょうか。
こちらのツアーに参加をする場合、基本的には有料で開催しているのですが、かなりリーズナブルなお値段で参加出来ます。
中には女性は1000円程で参加出来るツアーもあり、お財布を気にせずに出会いのきっかけを作れるのは魅力的ですね。
企画している企業はいくつかありますが、インターネットサイトから探すことが出来ますので、最近素敵な出会いがないという方は、十分に参加してみる価値があるでしょう。
様々な婚活のやり方がありますが、どんな出会いでも一つ一つを大切にしながらチャンスを逃さないようにしたいですね。
【婚活コラム-28】あなたは結婚相手に何を求めますか?
婚活において、結婚相手に求める条件が何かを知ることは非常に大切なことです。
一昔前は、「高学歴」「高収入」「高身長」という、いわゆる3高と呼ばれる条件の男性がもてはやされた時代がありました。
しかし時代の流れと共に条件も変わるもので、最近の傾向としては、肩書やルックスにはとらわれず「平均的年収」「平凡な外見」「平穏な性格」という3平と呼ばれる男性を結婚相手に望む女性が増えているようです。
上昇志向の強かった時代から、安定志向型へと変化した近年。
結婚相手に望む条件のハードルが下がったのにもかかわらず、実は婚活は厳しさを増しているのです。
その原因の一つとして、「平均的年収」の男女間の認識の違いが挙げられます。
日本のサラリーマンの平均年収は500万前後であるにもかかわらず、女性が男性に望む年収は680万円なのです。
かなりのひらきがあることがわかりますよね。
しかも20代で680万円もの年収がある男性はそうはいないでしょう。
女性側は平凡でいいと言いながらも、やはり理想は高めに持っている現状があります。
確かに相手への条件は結婚をするにあたり、必要なことでもあるでしょう。
しかしその条件に固執しすぎていては、出会いの幅を狭めてしまいます。
平均的年収の例を挙げるなら、夫婦二人で働いて世帯年収として680万円なら夢ではありません。
女性側も考えを柔軟に持ち、理想はあくまでも理想として、お互いのフィーリングを第一に相手と向き合ってみてはいかがでしょう。
【婚活コラム-29】婚活を成功させたいなら、お上品な話し方と立ち振舞を
婚活を成功させるためには、まず自分磨きをしましょう。
素敵な異性は、やはり素敵なパーソナリティを持った人々の前に現れます。
類は友を呼ぶ、ではありませんが意地悪な人々の周辺には、同様にあまり性格の良くない異性が自然と集まってくるものです。
ついつい私達は不幸を人に責任転嫁したり、無闇に愚痴ったりしてしまいますが、そういった行動は婚活にマイナスになります。
運命の人は一体どこに居るか分かりません。
自分自身の性格や良くない行動を観察し、出来る部分はなるべく早めに克服しておきましょう。
せっかく合コンやパーティに参加しても、口から出る言葉が、マイナスなフレーズばかりでは台無しです。
男女問わず、いきなり初対面の人から愚痴られる、あるいは乱暴な言葉づかいをされたら、もうそれだけで印象は最悪になりますから、タメ口やネガティブな口癖は、事前に矯正しておいた方が良いでしょう。
その場だけ気合いを入れてお上品に振る舞う、といった対策も可能ですが、ふとした瞬間にぼろが出るリスクも高いです。
女性の方々でしたら、花嫁修業を兼ねてマナー教室などに通ってみるのも良いかもしれません。
どうしても同姓ばかりと長く付き合っていると、カジュアルな口癖が染み付いてしまうものですから、若い間にその癖を抜いておいた方が賢明です。
清楚な立ち振舞をマスターしておけば、どんなパーティや合コンにも参加出来ます。
アクティブな女子が増えて来ている今だからこそ、お上品な立ち振舞をする方々が、会場内で注目されるのです。
【婚活コラム-30】婚活パーティだからこそ、聞き上手になりましょう
どうせ、でも、だって、結局。
その口癖を持つ人々は嫌われる可能性が高いです。
自分の意見をはっきり言える人々が使いがちなフレーズですが、あまり異性の前で、それらを多用してしまうと、自己中な性格に映ります。
会話の最初から、でもや結局を使う女性の方々も大変多いですが、他人の意見を聞かない人、自分の意見ばかりを述べる女子、といった印象を持たれかねませんので、乱用は禁物です。
また、「どうせ」や「だって」はネガティブな愚痴に繋がりやすい口癖ですから、婚活パーティや合コン、飲み会等に参加する際は、使わないよう意識しましょう。
いわゆる聞き上手な人々は、男女問わず人気です。
友達の輪の中でもあまり目立たない地味な彼、彼女が不思議とモテモテ、というパターンがあります。
その成功の影には、聞き上手な性格がおそらく隠れているでしょう。
自己主張が強い男女が嫌われる反面、相手の話をよく聞く人々は、とにかくモテやすいのです。
婚活の失敗が続く時は、まず自分の口癖を再チェックし、最初に挙げたネガティブフレーズを封印しておきましょう。
そうなんですか、凄いですね、せっかくなんでもっと聞かせて下さい、といった相づち系のフレーズは、相手に良い印象を与えられます。
合コンや婚活パーティに参加すると、ついつい頑張って自己PRに熱中しがちですが、そういったチャンスの時こそ、一歩引いた姿勢に切り替えましょう。
効果的に相づちを入れておけば、異性は自然と聞いてくれる相手に対して、良いイメージを持ってくれますので、お付き合い出来るきっかけが広がるのです。

ページトップへ