華の会メール出会い応援コラム

中高年・熟年のための出会い応援サイト華の会メール 出会い応援コラム 出会い メッセージのやり取りが苦手な人でも大丈夫!克服する方法とは?

出会い 2019/12/02

メッセージのやり取りが苦手な人でも大丈夫!克服する方法とは?

メッセージのやり取りが苦手な人でも大丈夫!克服する方法とは?
連絡手段でメッセージを使っている方は多いと思いますが、メッセージが苦手な男性とのやり取りで苦労したことはないですか?男性の中にはメッセージのやり取りを出来るだけしたくないという方もいるので、気持ちを察してあげることも大切です。

今回はメッセージのやり取りが苦手な人に向けて、克服する方法を紹介していくので参考にしてみてください。


長文メッセージは避けることが重要


気になる異性に向けてメッセージを送る場合、つい長文になってしまう方も多いでしょう。しかし長文は読む側からすると面倒に感じてしまい、関係性によっては重い相手と思われる可能性もあります。

気になる異性にメッセージを送る場合は、長文メッセージではなく出来るだけ短い文章で書くことが相手を疲れさせないコツです。

またメッセージにおいて送る内容は、簡潔で目的をハッキリさせた文章を作成する必要があります。抽象的な表現であったり、絵文字を使った文章はメッセージを読む側からすると、面倒に感じてしまうことがあるので注意しましょう。

何を話したいのかわかりにくいメッセージは、メッセージ嫌いの方からすると、さらに苦手意識を植え付けてしまう恐れがあるので、克服させるためにもできるだけ長文メッセージは避け、短い文章で簡潔な内容を送ることが大切です。


日記やネガティブなメッセージは送らない


メッセージが苦手な方とやり取りする場合、日記のようなメッセージを送ってしまうと、克服するどころか対処の仕方がわからずに放置されてしまう可能性があります。

今日は○○したよといった日記のようなメッセージは、相手が無視してしまう恐れがあるので、出来るだけ具体的な内容を込めたメッセージを送るようにしましょう。

またネガティブなメッセージは、相手を同じように重い気分にさせてしまう可能性があります。ネガティブな内容ばかり送っていると、面倒な相手と思われることもあるので、送るメッセージは出来るだけ明るい内容にするように心掛けましょう。


何度もしつこくメッセージを送るのは禁物


メッセージ嫌いの方にメッセージを送る場合、何度もしつこくメッセージを送ってしまうと、相手がうんざりしてしまう可能性があります。

返信がこないのは、相手が一生懸命メッセージを考えているだけと考えて、連続でメッセージを送らないように気を付けましょう。

特に理想的な相手に出会った時は、何度もメッセージのやり取りをしたいため、返信が気になるという方も多いはずです。しかし焦ってメッセージを送っても、相手からメッセージがすぐに届く訳ではないので、相手の都合も考えてゆっくりとメッセージを待ってあげることも重要になります。

他にもメッセージを送るタイミングは、人によって違うでしょう。仕事終わりの通勤時間に送る方もいれば、家に帰ってゆっくりしてからメッセージの返信を考える方もいます。

相手のメッセージを送るタイミングや傾向を考えて、返信しやすいタイミングでメッセージを送ってあげることも相手を思いやる上では大切なポイントです。


メッセージのやり取りのコツは相手のテンポに合わせること


メッセージ嫌いを克服するためにも、色々と考えることはありますが、基本的には相手を思いやって相手のテンポに合わせてあげれば問題なくメッセージのやり取りを行うことができます。

メッセージ嫌いの方は、無理にメッセージを送る必要はなく、ただ相手に合わせてあげれば、相手も自分の気持ちを察してくれるはずです。

円滑に関係を深めるためにも、メッセージのやり取りは重要ですが、自分の都合を押し付けるのではなく、相手のテンポに合わせてあげて気持ちを察してあげることが何よりも大切な気遣いとなるでしょう。

このカテゴリーの関連記事

30代以上に人気の恋愛コミュニティ【華の会メール】