華の会メール|恋愛コラム

コラムTOP 出会い 出会い話って話すべき?「マッチングサービス」で知り合った場合

出会い 2020/08/05

出会い話って話すべき?「マッチングサービス」で知り合った場合

出会い話って話すべき?「マッチングサービス」で知り合った場合
マッチングサービスでパートナーと出会ったとき、「正直に友人や親に話した方が良いのか?」と悩んでしまう方は少なくありません。
10代や20代の若者ならマッチングサービスでの出会いは一般的ですが、中高年となると正直に話すことに抵抗を感じてしまうことでしょう。
今回は、「マッチングサービスで出会いました」と友人などに紹介する場合のメリット・デメリットをご紹介します。


出会い方が「マッチングサービス」|正直に話すメリット・デメリット


友人や職場の方々、家族などに、パートナーとの出会い方が「マッチングサービスです」と話すのはアリなのでしょうか。
正直に出会い方を話すメリット・デメリットを見ていきましょう。


メリット

出会い方がマッチングサービスであることを、正直に話すメリットといえるのが「嘘をつく必要がないこと」です。
友人や家族などに出会いに至った経緯や馴れ初めなどを聞かれるシーンは多いでしょう。正直に「マッチングサービスです」と言えれば、余計な嘘をつく必要がありません。
また、最近は若い世代だけでなく、中高年のマッチングサービス利用者が増えていますので、決して珍しい出会い方ではないといえます。
嘘をつくことに自信がない方や、パートナーと口裏を合わせることに抵抗を感じるなら、正直に話すことがおすすめです。


デメリット

出会い方が「マッチングサービスです」と正直に話すデメリットとして挙げられるのが、人によっては理解してもらえないことです。
マッチングサービスは珍しいツールではなく、むしろ現代において一般的になりつつある出会い方です。しかし、まだまだそういった新しい価値観に馴染めない方がいるのも事実。マッチングサービスを使うカップルに対して、良い印象を感じない方がいるのが現状です。
とはいえ、出会い方はどうであれ、まずは二人が幸せであることが最重要。今後の二人の仲の良い関係性を見せれば、いずれは理解してもらえることでしょう。


「マッチングサービスで出会いました」の報告は問題なし


マッチングサービスで出会いました、という報告に抵抗を感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし、実際はあまり問題がありません。
そもそも、大手結婚情報サイトの調査によると、「出会い方がマッチングサービスであることを気にしない」という回答が半数以上を占めています。
もちろん、若い世代ではなく中高年世代であっても、出会い方を気にしていない方が大半です。
そのため、出会い方を気にしすぎる必要はないといえるでしょう。


出会い方が「マッチングサービス」でも気にする必要なし


出会い方がマッチングサービスですと、「友人や家族に理解してもらえないのではないか」「職場でイヤな噂を流されるのでは」など、様々な心配が付きまとうものです。
しかし、意外にも理解してもらえることが大半であり、そもそも周囲は「どのような出会い方でも気にしない」と考えています。
正直に報告するか否かで悩んでいる方は、本ページを参考にしながら、パートナーと相談してみてはいかがでしょうか。
なお、花の会メールは中高年向けマッチングサービスです。出会いを求めている方はぜひ一度ご利用ください。

このカテゴリーの関連記事

30代以上に人気の恋愛コミュニティ【華の会メール】