華の会@恋愛コラム

コラムTOP カップル・夫婦 結婚記念日の数え方と節目ごとのお祝い方法をご紹介します

カップル・夫婦 2020/02/17

結婚記念日の数え方と節目ごとのお祝い方法をご紹介します

結婚記念日の数え方と節目ごとのお祝い方法をご紹介します
既婚者の方は、結婚して何年目なのかしっかり把握して、結婚記念日から何年目なのか把握しておくことが大切です。夫婦の絆を確認するためにも、結婚記念日は数え方を把握しておく必要があります。

今回は、結婚記念日の数え方と結婚記念日一覧を紹介していくので、参考にしてみてください。


結婚記念日の数え方


結婚記念日の日付は覚えているという方も多いですが、結婚記念日で何年目になるのか覚えていないという方もいるでしょう。結婚記念日は何年目かによって、記念日の名前が変わってくることから、しっかり覚えておくことが大切です。

結婚記念日の数え方は、基本的に年齢と同じということを把握しておきましょう。結婚したその年を0年目として、計算します。結婚した年の1年後は、結婚1年目ということになります。結婚記念日の数え方を把握した上で、夫婦で結婚記念日をお祝いしていきましょう。


結婚記念日一覧


結婚記念日は、何年目なのかによって記念日が異なります。どのような結婚記念日があるのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

結婚1年目:紙婚式

結婚1年目を迎えた結婚記念日は、「紙婚式」といい、アルバムや手帳などの紙製品を贈ることが習慣となっています。お互いの思い出の品物を贈ることで、お互いの愛を確かめることができるので、1年目を迎える前に準備を進めていきましょう。

結婚2年目:藁婚式(綿婚式)

2年目を迎えた結婚記念日は、「藁婚式(綿婚式)」といい、質素倹約をして贅沢しないように、木綿製品を贈り合うことが習慣となっています。

夫婦になった限りは、お互いの共有財産を大切にしていかないといけないことから、節約して暮らしていくことを約束するような意味合いが込められているのが特徴の記念日です。

結婚10年目:錫婚式

10年目の結婚記念日は錫婚式といい、アルミや錫で出来たものを贈るのが習慣となっています。結婚記念日は、最初は安価な物を贈り合いますが、徐々に効果な物になっていくのが特徴です。

結婚20年目:磁器婚式(陶器婚式)

20年目の結婚記念日は磁器婚式(陶器婚式)といい、磁気や陶器の食器を贈るのが習慣となっています。思い出の品物として、長期的に使い続ける物を贈り合うと、末永く仲良くすることができるでしょう。

結婚25年目:銀婚式

25年目の結婚記念日は銀婚式といい、銀製品を贈るのが習慣となっています。25年目の銀婚式は、結婚記念日の中でも知っている方が多く、記念日として贈り物をされる方が多いのが特徴です。

結婚50年目:金婚式

50年目の結婚記念日は金婚式といい、金製品を贈るのが習慣となっています。50年目の金婚式は、定番として知っている方が多く、お祝いとして贈り物をされる方が多いのが特徴です。


結婚記念日で贈ると喜ばれる物


結婚記念日は毎年訪れますが、贈り物として花を贈ると喜ばれます。花を贈る場合、相手の好みの花の種類や色の花を贈ってあげるといいでしょう。

毎年違う花を贈ると、素敵な誕生日として思い出を彩ることができるので、様々な工夫をして贈ってあげることをおすすめします。

また記念日に合わせて、贈る花の本数を変えると、素敵な思い出として記憶に残すことが可能です。


結婚記念日も数え方を把握して贈り物を決める


結婚記念日の日付を覚えていても、数え方をしっかり把握せずに、何年目の結婚記念日なのかわかっていない方も多いでしょう。

結婚記念日は夫婦にとって大切な思い出であることから、しっかり数え方を把握して贈り物を決めることが大切です。

素敵な贈り物をすれば、結婚記念日を毎年いい思い出として、記憶に残すことができることから、夫婦仲を円満にすることができます。

今回紹介した、結婚記念日の数え方と記念日を参考に、贈り物を工夫してみてください。

このカテゴリーの関連記事

[AD] 30代以上に人気の恋愛コミュニティ【華の会メール】