華の会メール|恋愛コラム

コラムTOP カップル 3ヶ月で終わりを迎えてしまうカップルの特徴と対策について

カップル 2022/09/06

3ヶ月で終わりを迎えてしまうカップルの特徴と対策について

 3ヶ月で終わりを迎えてしまうカップルの特徴と対策について
「3ヶ月で別れてしまった」という話を聞いたことはありませんか?付き合い始めはお互いに何でも楽しく感じて幸せに思うこともたくさんありますが、徐々にその気持ちもお互い少しずつ差が出始める頃が「3ヶ月」以降です。
温度差を感じてしまい、別れてしまうカップルも多いのだとか。魔の3ヶ月を乗り越えるための方法についてご紹介します。


3ヶ月で終わりを迎えてしまうカップルとは


「恋愛3ヶ月説」とは、交際して3ヶ月を節目に少しずつお互いに温度差が出てくる頃であり、その際に生じてしまった気持ちのズレなどを原因に別れてしまうことです。
ではどんなカップルが3ヶ月で終わりを迎えてしまうのでしょうか。


[1]デートがワンパターンである

デートコースがいつも同じだったり新鮮味が無いと刺激が少なく倦怠期が早まってしまう原因に。付き合い始めの頃はどんな場所でも楽しく感じますが、3ヶ月も同じ場所やパターンのデートだと会話も盛り上がらず、お互いに微妙な空気になってしまいます。3ヶ月以降は今まで行ったことがない場所へデートに行くなど工夫をしましょう。


[2]お互いに興味や関心がない

付き合い始めの頃は二人の気分も盛り上がり、どんな部分も魅力的に感じることが多くあります。しかし3ヶ月になる頃には気持ちも少しずつ落ち着いていき、今まで魅力に感じていたことも「大したことないかも…」と思ってしまうようです。
相手に対して新鮮な気持ちも無くなり興味や関心が薄れ、別れてしまう原因となります。


[3]相手の生活リズムと合わない

付き合い初めの頃はお互い仕事で忙しくても、好きな人のためなら多少無理しても会う時間や連絡する時間を作っていたカップルも多いはず。
そんな状況がしばらく続き、徐々に徐々に自分の生活リズムを大切にし始めて会う時間や連絡を取る時間が減っていきます。最初に相手の生活リズムに無理をして合わせすぎると自分の生活リズムが崩れてしまい負担となり、そのまま気持ちも冷めてしまいます。


3ヶ月を乗り越えるために必要なこと


この魔の3ヶ月をどうにかして乗り越えたい!と思う人も多いはず。ではどうすれば乗り越えることができるのでしょうか?


[1]サプライズをする

相手が喜びそうな事を考えてサプライズを計画してみてはいかがでしょうか。
例えば付き合い始めて半年記念としてお洒落なお店でディナーをしたり、プレゼントを用意してみるなど相手をドキドキさせたりトキメキを感じさせる工夫ができるカップルは長続きする傾向にあります。
毎回サプライズを用意する必要はありませんが、特別な日にはとっておきのサプライズを
用意して刺激を与えてみましょう。


[2]尊重すること

長続きするカップルはお互いに尊重し合い、上手くバランスを取っています。
いつもどちらか一方が負担が大きいと辛くなってしまい、そんな関係はいつまでも長く続きません。
何事も我慢するのではなく問題があればしっかりとお互い話し合って解決し、相手を大切に思う気持ちと思いやりの気持ちを持つことで3ヶ月目も乗り越えることが出来ます。


[3]距離感を大切にする

お互い過干渉せずたまにはひとりの時間も作ることも意外と大切です。
デートの頻度や連絡の回数などそれぞれ二人の間で約束事を作り、それを守ることで長続きするカップルも多いです。お互いの心地よく感じる距離感を模索して、幸せな時間も長続きさせてみましょう。


おわりに


せっかく気になる人とお付き合いすることになったのに、3ヶ月で別れてしまうのはとても勿体ないですよね。特に中高年代で婚活を始めると時間に限りがあるため沢山の相手と付き合って別れての繰り返しだと、中々結婚というゴールに辿り着くことが出来ません。
恋愛を長続きさせるためには相手を思いやる気持ちが一番大切なので、その気持ちを忘れずに3ヶ月目も乗り越えて下さいね。

このカテゴリーの関連記事

30代以上に人気の恋愛コミュニティ【華の会メール】