華の会メール|恋愛コラム

コラムTOP 婚活・再婚 再婚時に考えるエンゲージリングの必要性について

婚活・再婚 2022/07/20

再婚時に考えるエンゲージリングの必要性について

再婚時に考えるエンゲージリングの必要性について
プロポーズでエンゲージリング(婚約指輪)を送り、愛を誓うことが一般的なプロポーズの流れであり、エンゲージリングに憧れを持つ女性も多いと思います。
しかし、再婚の場合はエンゲージリングは必要になるのでしょうか?今回は再婚時のエンゲージリングが必要なのか、そして予算についてご紹介します。


再婚でもエンゲージリングは必要?


再婚であっても相手に愛を誓うためにエンゲージリングを渡す男性はいますが、再婚だとあまりエンゲージリングに重きを置いていないため渡さないという選択をする男性も多く見られるようです。
男性側が再婚であれば、前妻との間に出来た子どもの養育費の支払いがあって金銭的にも厳しいことが理由に挙げられます。しかし、女性にとっては初婚・再婚に関わらずエンゲージリングが欲しいという人が多く、女性にとってエンゲージリングは愛の誓いの証であり、憧れであると考える人が多いようです。男女間でエンゲージリングについて価値観や考え方の違いがあるので、購入の有無についてはふたりで話し合って決めた方がいいでしょう。


再婚時のマリッジリングの購入は?


再婚時にエンゲージリングは購入しなくても、マリッジリング(結婚指輪)は購入するカップルは多いです。
再婚であってもふたりにとっては新しいスタートであり、初婚と変わりません。愛の証として形で確認できるため安心感が増すということもあり、マリッジリングはふたりで相談した上で購入を決めるというパターンが多く見られます。


エンゲージリングの相場


最近のエンゲージリングの相場は大体約10万円から20万円となっており、そこまで高額ではないようです。
再婚だとマリッジリング・エンゲージリングの予算が下がる傾向にあるようですが、一部の男性の中には今回の結婚こそは相手を幸せにしてあげたい、結婚への本気度を知ってもらいたいという気持ちを込めてマリッジリング・エンゲージリングともに大奮発する人もいるそうです。


まとめ


再婚でのエンゲージリングについて男女間で価値観や考えの差があるため、話し合いをしてお互いの考えを知っておいた方がいいかもしれません。
今一度エンゲージリングやマリッジリングの意味を考え、今の自分たちにそれが果たして本当に必要なものであるかどうかを考えてみるといいでしょう。

このカテゴリーの関連記事

30代以上に人気の恋愛コミュニティ【華の会メール】