華の会メール|恋愛コラム

コラムTOP その他 再婚した場合、養育費は減額されるのか?

その他 2022/11/03

再婚した場合、養育費は減額されるのか?

再婚した場合、養育費は減額されるのか?
中高年代同士の再婚であれば、以前のパートナーとの間に子どもがいるというパターンも珍しくなく、養育費を支払っている人もいると思います。再婚した場合に、養育費の支払いは一体どうなるのでしょうか?


養育費の支払いは継続?


「養育費」とは子どもが社会人として自立するまでに必要となる費用で、法律上の扶養義務がある限り支払いを続ける必要があります。
再婚した場合、この養育費を支払い続けることになるのでしょうか?


基本的には支払いは継続


再婚をした場合も、義務者である限り基本的には支払いが継続されます。ですが、状況次第では養育費の支払いを終了させることや減額なども可能なので、その内容について一部ご紹介します。


支払いを終了させる事ができる場合




支払い義務がある者の経済状況が悪化

支払い義務者が病気や会社の倒産など、経済状況の悪化がある場合


支払い義務がある者に扶養家族が増えた

再婚相手が低収入であり、扶養家族が増え支払いが困難な場合


親権者が経済状況に余裕がある

親権者が昇給などの理由で経済的に余裕が大幅に改善され、余裕がある


親権者が再婚し、再婚相手と子が養子縁組を行った

養子縁組をする事で法上では親子となり、再婚相手に扶養義務が発生
※新たな扶養者の年収に応じて対応


養育費の支払いについてはまず以前のパートナーと話し合う必要がありますが、上手く話し合いがまとまらず納得いかない場合には家庭裁判所や裁判所へ申立てを行うことになり、時間が掛かるためその点に注意しましょう。養育費の支払いについて話し合いをする前に収入に関する書面など事前に用意しておくことで話し合いもスムーズに進めることが出来ます。


基本的には養育費は支払い継続される


再婚した場合でも、基本的には養育費の支払いは継続されます。また、減額の場合でも必ずお互い話し合いが必要となり、場合によっては家庭裁判所などで申立てを行うこ可能性もあります。もし養育費のことに悩んでいるなら今回ご紹介した条件や手順について参考にしてみてください。

このカテゴリーの関連記事

30代以上に人気の恋愛コミュニティ【華の会メール】