華の会メール|恋愛コラム

コラムTOP 恋愛テクニック LINEのやり取りが長続きしない?連絡のポイントを解説!

恋愛テクニック 2020/04/15

LINEのやり取りが長続きしない?連絡のポイントを解説!

LINEのやり取りが長続きしない?連絡のポイントを解説!
コミュニケーションを取る手段として、今ではLINEは欠かせない物となっています。そんなLINEのやり取りが長続きしないということは、相手にとって何かしらの負担があった可能性があるでしょう。

短い文章で手軽に送信できるものだからこそ、慎重に対応していくことが大切です。

そんなLINEのやり取りを長続きさせるためのポイントを紹介していきます。


適度な送信頻度でやり取りする


LINEは、短い時間で相手にメッセージが届くことから、大量に何度もメッセージを送られてくると、疲れてしまいます。

そのため、相手との連絡は適度な送信頻度でやり取りすることが大切です。負担になってしまうやり取りであれば、長続きしないのは当然と言えるでしょう。

何度かやり取りしていくうちに、これくらいの頻度であればいいだろうという、適度な送信頻度を検討することが大切です。


相手が送信しやすい内容を送る


LINEでメッセージをやり取りする場合、自分が送信した内容を見返すことができます。その文章を読んでみて、相手が送り返しやすい内容になっているか確認してみましょう。

内容がネガティブなものだったり、独りよがりな内容の場合は、相手も送信し辛い可能性があります。

LINEはコミュニケーションツールの一つであるため、相手と円滑に会話のキャッチボールを行うことが大切です。

自分のことばかりの内容ではなく、相手の話にも触れてあげることが、メッセージを長くやり取りするためのポイントと言えるでしょう。


相手の返事に執着しない


気になる相手からのメッセージが来ないといっても、返事に執着しないことが大切です。執着してしまうと、メッセージのことしか頭に入らないだけでなく、連投してしまうことがあるでしょう。心の余裕を持って、相手は忙しいから送ってこないだけと考えることが重要になります。

少し遅れて返事が来た時には、何も気にせずに、いつも通りにメッセージを送ってあげましょう。

LINEはお互いが安心感を抱けるような信頼関係を築くことが大切です。


LINEが長続きしない時は相手の反応をしっかり確認する


LINEが長続きしないと心配になるという方は、自分だけの感覚で送信するのではなく、相手の反応を見ながら送信するようにしましょう。

お二人にとっての心地良いルールが出来ていれば、LINEは二人にとって楽しい連絡ツールになります。

相手と信頼関係を築くためにも、焦って連絡をし合っても意味がありません。返事に執着してしまうと、心が疲れてしまいます。

返信しやすい内容でLINEの内容を送っているか、独りよがりになっていないか、改めて送信内容をチェックしてみてください。

相手の反応をしっかり確認して、適切な対応ができていれば、自然とLINEの連絡は長続きすることができます。

このカテゴリーの関連記事

30代以上に人気の恋愛コミュニティ【華の会メール】