華の会メール|恋愛コラム

コラムTOP 恋愛テクニック 離婚時にやるべき必要な準備【男性編】

恋愛テクニック 2021/08/18

離婚時にやるべき必要な準備【男性編】

離婚時にやるべき必要な準備【男性編】
離婚も結婚をするときと同じくらい、やるべき必要な準備があります。しかし「手続きが分からない」「どこに相談すればいいかわからない」と疑問がわいてきますよね。そこで今回は、離婚する場合にやるべき必要な準備についてお話しをします。


離婚は女性が有利になりがち


離婚はほとんどのケースで女性が有利になると言われており、男性が不利になることが多い傾向にありますが、事前に対策や準備をすることで男性が有利になることもあります。


親権や養育費

親権や養育費のことで、母親が親権を取ることが多く、親権を取ったほうが養育費を受け取ります。この親権は、経済力が重要な基準のひとつではありますが、何よりも子供がどちらの親と暮らしたいかということを重視するので、もし親権を取りたいのならば、日頃から子供とのこまめなコミュニケーションが大切になります。


財産分与

財産分与は基本的に夫婦の共有財産が二等分されます。収入に関係なく、夫婦どちらも等しく持っている権利であり、家や貯金、車など様々なものが対象になります。家のローンが残っていて契約者が男性である場合、離婚後も男性にローンの支払い義務が発生してしまいます。ローンを支払っているなら家を思い切って売却することも手段ですが、残りの金額を一括で支払うことになるので、家の売却益や収入などで支払えるか事前に計算するといいでしょう。


離婚する前の必要な準備とは?


男性が離婚を有利に進めるための準備についてここでは説明します。


夫婦関係の実態についての証明

離婚に至る夫婦関係の実態を客観的に証明できる証拠があると良いでしょう。もし、妻に問題があって離婚する場合、それらの証拠が必要になります。その妻の問題の一例として、モラハラ・DVや不倫などの不貞行為、セックスレス、性格の不一致などがあります。


財産の把握

財産分与を行う際、妻の財産の総額を知らないと正確に財産分与することができません。
銀行預金や隠し口座の通帳、源泉徴収票や不動産の権利書などで妻の財産が確認でき、これらの書類は全てコピーを取ると証拠になります。なるべく離婚を伝える前に聞き出して調べると比較的スムーズに財産分与が出来ます。
離婚後も財産分与はできますが、離婚から2年という時効がありますので要注意。


子供の監護実績や養育準備

もし親権が欲しいなら、子供の世話をした「監護実績」が必要なので、子供とたくさんコミュニケーションを取り一緒の時間を長く過ごすことが重要です。
妻が専業主婦なら不利に感じるかもしれませんが、子供と一緒にいられる時間を増やすなどの努力が見られた場合は離婚調停での調停委員の心証が良くなります。そして、子供との生活に適した環境を整え、広い家を準備したり、養育費が無くても自分の収入で子供を育てることが出来て経済力があることなどのアピールをすると男性でも親権を取れる可能性が上がります。


信頼できる弁護士を探しておく

話し合いが成立しない場合、裁判所のほかに弁護士を仲介して話し合いする方法があります。その時のために、信頼できる弁護士を探しておきましょう。
弁護士は、離婚の話し合いだけでなく離婚調停に進んだ際も法律的な観点で的確なアドバイスをくれるので、色んな場面であなたを助けてくれると思います。
弁護士は同性異性関係なく、男性の話をよく聞いて理解してくれて、離婚関係に強くて詳しい経験豊富な人を選ぶことで、男性に有利な離婚をスムーズ進められるでしょう。


離婚するなら入念な準備を


もし離婚することがあれば、今回説明した準備を事前にすることで、男性側に有利な離婚ができるかもしれません。
しかし、ひとりで全て準備することは大変なので、弁護士に相談して、離婚の準備を進めることをおすすめします。

このカテゴリーの関連記事

30代以上に人気の恋愛コミュニティ【華の会メール】