華の会メール|恋愛コラム

コラムTOP 恋愛テクニック 【趣味から広がる恋活・婚活】メリット・デメリットとは?

恋愛テクニック 2022/12/13

【趣味から広がる恋活・婚活】メリット・デメリットとは?

【趣味から広がる恋活・婚活】メリット・デメリットとは?
「趣味が同じ人とお付き合いしたい」「趣味を通じた恋愛関係で毎日楽しく過ごしたい」と思う方は多いのではないでしょうか?
実際、さまざまな趣味を通じてパートナー探しができるイベントなど、恋活や婚活ができる場も年々増えています。そこで今回は趣味から広がる恋活や婚活のメリットやデメリットについてご紹介します。


メリット①共通の話題があるので会話も盛り上がる


普通の合コンやイベントに参加しても話のきっかけがつかめず苦い経験した方なら、趣味を掲げた恋活・婚活イベントへの参加や、趣味を通じた出会いが功を奏することもあります。共通項が多い分、無理をしたり緊張したりせず、自然に会話がしやすいので、話も盛り上がることでしょう。


メリット②趣味を通じて相手の人柄がわかりやすい


通常の男女の出会いの場では、年収、学歴、年齢、容姿などスペックに目がいきがち。
とてもステキな人なのに、条件が一つでも欠けてしまうとお相手が色褪せて見えてマッチング不成立になってしまうことも!こうした引き算式の恋活・婚活をしていると本物の恋愛から遠のいてしまいます。
一方、趣味を通じた出会いは二人の共通項が第一なので、フラットにお互いを見ることができるので、人間性や性格なども知る機会も多くなります。条件に縛られず、「自分と気が合う相手」探しができるので長続きしそうですね。


メリット③デートに誘いやすい


共通する趣味をきっかけにデートに誘いやすいのもメリットです。普段は異性に対して奥手でなかなか誘えない方であっても、趣味ならフットワークも軽くなるはずです。
また自分だけでなくお相手も好きなものだけに、デートの承諾も得やすくなるでしょう。
食べ歩きが趣味なら、「今度〇〇に美味しくて評判のお店ができたので、一緒に行ってみませんか?」と気軽にお誘いしてみることで一歩前進できるかもしれません。


デメリット①趣味への情熱や姿勢の落差にがっかりすることもある


共通の趣味をきっかけとした出会いであっても、「自分もこれくらいハマっているから、相手にも同じレベルで好きなはず」と思うのは行き過ぎです。自分と同じレベルでないことでがっかりし、お相手への気持ちがトーンダウンしてしまっては残念ですよね。
趣味に対する「好き」の姿勢や熱量は人それぞれ。あくまでも「話のきっかけ」「相手と知る手がかり」「楽しく一緒に過ごすためのネタ」という観点で捉えていくと良いかもしれません。


デメリット②いつも趣味仲間と一緒で二人きりになれない


共通する趣味をもつ同士の出会いで時々見られるのが「いつも趣味友と一緒で、二人だけで過ごしたいのにできない」という問題。趣味を楽しめるとはいえ、常に第三者がいてワイワイしている状態では、男女としての進展が進まず、ラブラブな時間がもてないことでヤキモキしてしまうかもしれません。
そういう時は、お相手に「一緒にいる時間を作りたい」と素直に打ち明けてみるのも一つです。


おわりに


今回は趣味から広がる恋活や婚活のメリットやデメリットについてご紹介しました。
趣味をきっかけとした恋活や婚活には一長一短がありますが、キーワードは「自分も相手も楽しむこと」にあります。
どんなに話し下手で異性と話せない方も、自分が好きなモノ・コトの前では自然に笑顔になるものです。コミュニケーションに苦手意識がある方や異性の前だと緊張しがちな方には趣味を通じた恋活・婚活はぴったり!
あなたも好きなお相手と楽しいひとときを過ごしながら、恋愛関係を育んでみてくださいね。

このカテゴリーの関連記事

30代以上に人気の恋愛コミュニティ【華の会メール】