華の会メール|恋愛コラム

コラムTOP カップル・夫婦 彼女と会う理想の頻度とそのメリットとは

カップル・夫婦 2021/12/18

彼女と会う理想の頻度とそのメリットとは

彼女と会う理想の頻度とそのメリットとは
お付き合いしている相手と会う頻度はどのくらいが理想なのでしょうか?今回は理想の頻度と会うことが少ない場合のメリットについてご紹介しますので、参考にしてみてください。


お付き合いしている彼女と会う理想の頻度とは


付き合っている彼女と会うペースは一般的に週1回程度会うのが理想と言われており、
最低でも週1日以上会いたいと思っている人が多いようです。 
ですが、社会人だとお互いに仕事で時間が思うように取れないという方も多く、付き合いたてでお互いに毎日会いたいと思っていても、中々思うように時間が取れず週一が限界という方もいると思います。
しかし、お付き合いしている期間が長くなると、会う頻度の理想は平均週1回程度になる傾向にあり、理由は自分の時間を大切にしたいという気持ちと、お互いに依存しすぎないようにしている事が挙げられます。


彼女と会う頻度が少なくてもメリットはある


彼女と会う頻度が少なくても実はメリットがあるのです。


デートの出費を抑えることができる

交通費や食事代など、デートは何かとお金が掛かるもの。
彼女と会う頻度が高いとその分デートの出費がかさんでしまいます。彼女と会う頻度が少なければ、このような金銭面でのプレッシャーを抑えられるでしょう。


お互いに新鮮さを保つことができる

彼女といつでも会えるから、というのは気持ちの緩みや相手をぞんざいに扱ってしまいケンカの原因になったり、マンネリ化して最悪別れてしまうことも。そこで会う回数を減らすことで、毎回会う時も新鮮であり、相手を大切にしながら過ごすことができるのです。


自分磨きをすることができる

次回彼女に会うまでの時間も無駄にする事なく、オシャレや美容に力を入れてみたり、本を読んで知識を深めてみたり、自分を磨く時間に使ってみてはいかがでしょうか。
自分磨きを行うことで新たな自身の魅力に繋がり、彼女もあなたの事を更に好きになってくれるかもしれません。


一緒にいたいという気持ちがより強くなる

会えない時間は「早く会いたい」と思い、会っている時間は「もう少し一緒にいたい」と思える事が大切です。
頻繁にデートしていると、日常であり当たり前の関係になってしまいドキドキ感や新鮮さを失ってしまいます。頻繁に会えないからこそ、会った時にドキドキしたり、もっと一緒にいたいという気持ちも強くなるのです。


相手と会う頻度を今一度考えてみよう


大好きな彼女と長く付き合う秘訣は、相手の気持ちを思いやることがまず重要です。
お互いに楽しく幸せであるように、そして寂しい思いをお互いがすることのないように、デートの回数を今一度考えてみてはみるといいでしょう。

このカテゴリーの関連記事

30代以上に人気の恋愛コミュニティ【華の会メール】