華の会メール|恋愛コラム

コラムTOP 婚活・再婚 死別再婚はどう向き合う?中高年が知っておくべき気持ちの整理

婚活・再婚 2021/01/13

死別再婚はどう向き合う?中高年が知っておくべき気持ちの整理

死別再婚はどう向き合う?中高年が知っておくべき気持ちの整理
一般的な離婚とは異なり、ハードルが高いといわれる「死別再婚」。
お互いの意思で別れるのとは異なり、死別は残された側の悲しみが計り知れません。何年も、何十年も引きずり続けるケースも珍しくないほどです。
そこで、今回は中高年向けに「死別再婚」との向き合い方を紹介します。


中高年の「死別再婚」との向き合い方


中高年世代は、死別再婚とどのように向き合えばいいのでしょうか。
複雑な感情を抱いている今、「再婚」という新たな一歩を踏み出したい方はチェックしておきましょう。


なぜ再婚したいのかを考えてみる

中高年世代が死別再婚と向き合う場合、まずは「なぜ再婚したいのか」を考えてみましょう。
死別で配偶者と別れた場合、人によっては「なくなっても永遠に配偶者だ」と考える人もいますし、「縁があれば別のパートナーを配偶者にしたい」と考える人もいます。後者であればなぜ再婚したいのかを考えることで、より死別再婚が現実味を帯びてくるでしょう。


再婚した場合の生活を想像する

中高年世代が死別再婚と向き合うなら、「実際の生活」を想像してみてください。
死別再婚したらどのような生活となるのかを考えることは、再婚を前向きに考えるためにも重要です。
一人ではない「誰かと過ごす幸せ」を感じられれば、死別再婚にもっと積極的になれるでしょう。


どのようなパートナーが欲しいかをイメージする

死別再婚と向き合うにあたり、忘れてはならないのが「どんなパートナーが欲しいのか」をイメージすることでしょう。
死別再婚は自分だけの問題ではありません。必ず「再婚相手」が存在するわけですから、「どのようなパートナーであればお互いに幸せになれるか」を想像する必要があります。
また、パートナーを探すにあたり、自分が「死別」を経験していることに対し、理解がある異性と出会う必要があることも頭に入れておきましょう。


中高年世代は「死別再婚」と正しく向き合う必要がある


今回は中高年世代に向けて「死別再婚」の向き合い方を紹介しました。
一般的に多い「離婚」ではない分、再婚には複雑な想いを抱くことは珍しくありません。現在、死別再婚に対して気持ちの整理ができていない方は、本ページの内容を参考にしながら、自分なりに心を整えてみてください。

このカテゴリーの関連記事

30代以上に人気の恋愛コミュニティ【華の会メール】