華の会メール|恋愛コラム

コラムTOP 恋愛テクニック 長続きする連絡の取り方とは?お互いを思いやる気持ちが大切!

恋愛テクニック 2019/12/13

長続きする連絡の取り方とは?お互いを思いやる気持ちが大切!

長続きする連絡の取り方とは?お互いを思いやる気持ちが大切!
付き合いはじめなどは、相手と連絡を取ることが楽しみであると感じる方も多いでしょう。それは男女共に言えることで、カップルにとっても長続きする連絡はコミュニケーションの一環として大切です。


長続きする連絡の取り方とは?


男女間のコミュニケーションの一環として、メールなどの連絡を取り合うことは大切です。具体的に長続きする連絡の取り方とは、どのようなことを指しているのか、詳しい内容を紹介していきます。

[1]デートが終わった後は連絡する

基本的にはデートが終わった後は、簡単なメールでもいいので送ることが大切です。楽しかったデートほど、メールを送ることでお互いが気持ちを共有することができるので、親密な関係になります。

またデートの後にメールがないと、相手が楽しくなかったのかなと心配してしまうこともあるので、遅くても翌日までには連絡を取っておくことが大切です。

[2]最初は次の約束程度の連絡

会って間もない相手との連絡では、何度も連絡を入れてしまうと迷惑になってしまう恐れがあります。そのため、相手の生活習慣を把握するまでは頻繁に連絡を入れるのではなく、次の約束を取り付ける程度の連絡に留めておくことも重要です。

徐々に、どの時間帯であれば連絡を返してくれるのかわかるようになってくるので、どのタイミングでメールを送ればいいのか、しっかり判断していきましょう。

[3]相手の生活習慣に合わせて送る

男女間の連絡のやり取りを長続きさせるためには、相手の生活習慣に合わせて迷惑にならない時間帯にメールを送ることが大切です。

どのタイミングに連絡を取れば、しっかり返信が来るのか、相手の迷惑にならないのか見極めてから連絡を取る必要があります。


相手のタイプに合わせて連絡の取り方を考える


相手によって、連絡の取り方を考えることが大切です。例えばレスポンスが遅い方は、メールが苦手な方である可能性があります。その場合は、何度も連絡を送るのではなく、少し控え気味に連絡を入れる方がいいでしょう。

反対に、マメに連絡を入れる方は都合のいいタイミング、悪いタイミングを見極めて返信し合うと良好な関係を保つことができます。


長続きするためにはお互いの気遣いが大切


長続きする連絡の取り方を考慮する上で大切なのは、お互いが気遣いしながらメールを送るということです。相手の都合を気にせずに送ってしまうと迷惑になることがあり、連絡も途絶えてしまう恐れがあります。

連絡を長続きさせて、良好な関係を築きたいのであれば、お互いが相手の生活習慣を理解した上で送ってもいい時間帯を把握することが大切です。

このカテゴリーの関連記事

30代以上に人気の恋愛コミュニティ【華の会メール】