華の会メール|恋愛コラム

コラムTOP 恋愛テクニック 友達として好きってどういうこと?恋愛発展のチャンスやアプローチ方法

恋愛テクニック 2021/02/02

友達として好きってどういうこと?恋愛発展のチャンスやアプローチ方法

友達として好きってどういうこと?恋愛発展のチャンスやアプローチ方法
「友達として好きだよ」こんなことを言われて困ったことがある女性は多いのではないでしょうか。
「彼女にはなれないの?」「女として見ていないってこと?」など、さまざまな不安を感じることでしょう。
そこで、今回は友達として好き、という男性の心理や恋愛に発展する可能性などをご紹介します。アプローチ方法にも触れていますので、参考にしてみてください。


「友達として好き」ってどういうこと?


「友達として好き」という言葉に隠れている本音はさまざまです。例えば、言葉通り「友達として信頼していること」を指している場合もありますし、「君とは恋愛関係に発展しない」ということを遠回しに伝えていることもあります。
中には、相手の反応を楽しむために、あえて「友達として好き」といった曖昧な言葉を口にすることもあるのです。
いずれにせよ、「友達として好き」という言葉には、さまざまなニュアンスがあるのが現状です。


友達として好きと言われたら恋愛に発展できない?


「友達として好き」と言われた場合でも、恋愛に発展できないとは限りません。仮に言葉通りの意味で言ったとしても、女性の行動次第でいくらでも「恋愛対象」に見てもらえるチャンスはあります。
そのため、現時点では「友達として好き」という関係であっても、諦める必要はありません。


友達として好きと言われたらときのアプローチ


もしも、「友達として好き」と言われたら、ギャップ萌えを狙ったアプローチを実践してみましょう。例えば「弱い部分を見せる」「女の子らしい一面を見せる」「甘える」などが効果的です。
「友達として好き」という場合、女性として見られないといった本音が隠れていることがあります。だからこそ、「女性」を意識させるようなアプローチが重要です。


「友達として好き」と言われても諦めないで!


「友達として好き」と言われてしまうと、交際は期待できないかもしれない…とついつい諦めてしまいそうになります。
しかし、あくまでも「現時点では友達として好き」という状況です。つまり、今後の行動次第でいくらでも状況を変えることは可能といえます。
友達として好きだと言われたら、今回ご紹介した内容を参考にしながら、積極的にアプローチを試みてみましょう。

このカテゴリーの関連記事

30代以上に人気の恋愛コミュニティ【華の会メール】