華の会メール|恋愛コラム

コラムTOP 趣味 恋愛ホルモンとは?ホルモンの種類と体への効果をご紹介します!

趣味 2019/11/27

恋愛ホルモンとは?ホルモンの種類と体への効果をご紹介します!

恋愛ホルモンとは?ホルモンの種類と体への効果をご紹介します!
人間には恋愛ホルモンと呼ばれるものがあり、分泌が活発化することで恋愛に積極的になったり、相手を好きになることがあります。反対に恋愛ホルモンが活発化しない場合は、恋愛が出来ない可能性があるのです。

今回は、恋愛ホルモンの種類や恋愛するために必要なことを紹介していきます。


恋愛ホルモンの種類


人が恋愛するためには恋愛ホルモンが分泌されています。その中でも代表的な恋愛ホルモンの種類について紹介していきましょう。

PEA

恋愛ホルモンの代表と言われるもので、この恋愛ホルモンを分泌させてくれた相手を好きになる傾向があります。

他の恋愛ホルモンもPEAが分泌されることで働き出すと言われているので、恋愛においてPEAは重要な役割があるのです。

ただ同じ異性に対しては、4年しか分泌されない傾向にあるので、一緒にいることでトキメキが減るのは、PEAの恋愛ホルモンが関係しているかもしれません。

エストロゲン

女性ホルモンの代表格と言われているエストロゲンは、女性らしい体を作るために必要なホルモンと言われています。一般的に綺麗な女性は、このエストロゲンの分泌が多いそうです。

エストロゲンのピークは19歳と言われています。

オキシトシン

人との絆を深めるホルモンと言われており、ハグをした時や感動した時に分泌される恋愛系ホルモンになります。

オキシトシンのホルモンが分泌されることで、自分の子供に愛情を注ぐようになるようです。

エンドルフィン

幸せホルモンとも呼ばれているエンドルフィンは、信頼できるパートナー一緒に居る時に分泌されることが多いと言われています。

ストレスを和らげる効果があり、免疫力を高めることもできると言われているので、エンドルフィンが分泌されているほど、健康体であることがわかっているのです。

また家族の絆を高めるホルモンの一種と言われているので、自然と好きな相手と絆を深めるホルモンの一つになります。


積極的にコミュニティに羽を伸ばすことが大切


恋愛ホルモンの分泌を促すことで、人を積極的にさせて恋愛をするきっかけにしてくれます。しかし社会人女性の多くは、出会いが少ないことから、恋愛ホルモンの分泌も低下してしまうのです。

そんな状況を打破するためにも、異なるコミュニティに羽を伸ばして、出会いのきっかけを増やして恋愛ホルモンの分泌を促していきましょう。

このカテゴリーの関連記事

30代以上に人気の恋愛コミュニティ【華の会メール】